楽天証券 投資信託の保有ポイントを改悪 2022年4月1日から

証券会社

悩む、落ち込む

楽天証券が、楽天銀行のハッピープログラムの対象サービスの一つである投資信託にかかる進呈ポイントおよび獲得条件が変更となります。

投信保有ポイントが廃止となります。

スポンサーリンク






投信保有ポイントの改悪

いつから?

2022年4月1日 00:00以降
■変更後の条件での判定開始:2022年4月末時点より
■変更後のポイント進呈開始:2022年6月進呈分以降

ポイント進呈

達成残高 進呈ポイント
月末時点の残高が、はじめて10万円に到達した場合 10ポイント
月末時点の残高が、はじめて30万円に到達した場合 30ポイント
月末時点の残高が、はじめて50万円に到達した場合 50ポイント
月末時点の残高が、はじめて100万円に到達した場合 100ポイント
月末時点の残高が、はじめて200万円に到達した場合 100ポイント
月末時点の残高が、はじめて300万円に到達した場合 100ポイント
月末時点の残高が、はじめて400万円に到達した場合 100ポイント
月末時点の残高が、はじめて500万円に到達した場合 100ポイント
月末時点の残高が、はじめて1000万円に到達した場合 500ポイント
月末時点の残高が、はじめて1500万円に到達した場合 500ポイント
月末時点の残高が、はじめて2000万円に到達した場合 500ポイント

残高判定

・毎月末のすべて(対象外ファンドを除く)の投資信託の残高の合計金額にて判定されます。

・ポイント進呈の対象となる該当残高を2022年4月末以降にはじめて達成した場合のみのポイント進呈となります。

情報ソース:ハッピープログラムの対象、楽天証券でのお取引(投資信託分)のポイント進呈条件の変更について | 2021年12月27日 | お知らせ | 楽天銀行

残高判定の対象外となる銘柄

以下の一覧表の銘柄のほか、外貨建てMMF、楽ラップ専用ファンド、iDeCoによる投資信託の買付は対象外となります。

ファンド名称 委託会社
楽天日本株トリプル・ブル 楽天投信投資顧問
楽天日本株トリプル・ベアIV
楽天日本株4.3倍ブル
楽天日本株3.8倍ベア
楽天日本新興市場株ダブル・ブル
楽天レバレッジNASDAQ-100(レバナス)
日本債券ベアファンド(5倍型) T&Dアセットマネジメント
日本トレンド・セレクト<リバース・トレンド・オープン> 日興アセットマネジメント
日本トレンド・セレクト<ハイパー・ウェイブ>
SBI 日本株3.7ベアIII SBIアセットマネジメント
SBI 日本株3.8ベア
SBI 日本株4.3ブル
SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま(新興国株式))
SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))
SBI・先進国株式インデックス・ファンド(雪だるま(先進国株式))
iFreeレバレッジ S&P500 大和アセットマネジメント
iFreeレバレッジ NASDAQ100
iFreeレバレッジNASDAQ 次世代50
iFreeレバレッジ FANG+
iFreeレバレッジ ATMX+
FANG+2倍ブル
FANG+2倍ベア
NASDAQ100 3倍ブル
NASDAQ100 3倍ベア
NYダウ・トリプル・レバレッジ(3σ)
NZAM・レバレッジ 日本株式2倍ブル 農林中金全共連アセットマネジメント
NZAM・レバレッジ 米国株式2倍ブル

Q&A

  • ポイント進呈は該当残高を「はじめて達成した」場合となるため、一度該当残高を達成しポイントが進呈された場合は、次の該当残高を達成するまでポイントの進呈は行われません。
  • ハッピープログラムと資産形成ポイントのポイント進呈条件は同一になります。このため、どちらを選択しても進呈されるポイントは同じとなります。
  • 2022 年 3 月末時点で対象の投資信託の残高が100 万円ある場合は、2022 年 4 月末時点で 100 万円を「はじめて達成」したことにはならないため、ポイントは付与されません。
  • 2022 年 3 月末時点で残高ゼロ、2022 年4 月末時点で 50 万円の残高があった場合、10 万円達成・30 万円達成のポイントはもらえず、50 万円達成の際に進呈となる 50 ポイントのみの付与となります。
  • 月の途中の残高は判定の対象とならず、4月中に11万円に到達したのちに4 月末時点での残高が 10 万円未満の場合、ポイントは付与されません。
  • 一度残高 2,000 万円を達成し、ポイントが付与された場合は、以後はハッピープログラムの投資信託にかかるポイントおよび投資信託資産形成ポイントプログラムに基づくポイントの付与は行われません。

最後に

楽天証券が投信保有ポイントを廃止します。非常に残念な改悪です。

しかしながら、楽天証券には還元率1.0%の楽天カード投信積立があります。

楽天証券でファンドを保有している方は

  1. ファンドを楽天証券からSBI証券に移管する手間・手数料
  2. 楽天ポイントとTポイントまたはPontaポイントどちらをより利用するか

を天秤にかけて、楽天証券で保有しているファンドをSBI証券に移管する検討をしてもいいでしょう。

<楽天証券について更に詳しい記事はコチラ>楽天証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 日経テレコンは無料で読み放題!さらに各種取引で楽天スーパーポイントも付与

スポンサーリンク