手数料キャッシュバック!SBI証券 「投信お引越しプログラム」サービス開始

証券会社

引越し 引っ越し

SBI証券が、SBI証券へ投資信託の移管入庫にかかる手数料を当社が負担するキャンペーンを 2022 年 1 月から恒久化し、「投信お引越しプログラム」としてサービスを開始します。

スポンサーリンク






投信お引越しプログラム

いつから?

2022 年 1 月から

投資信託移管手数料キャッシュバック

当社への投資信託の移管入庫を完了し、各移管入庫完了月に応じた書類受付期限までに申込書等が当社に到着した方に対し、他社で支払った出庫手数料をキャッシュバック

※キャッシュバック前に、入庫された投資信託を他社へ出庫された方は対象外となります。

申込み方法

所定の投資信託入庫申込書、および他社で支払った出庫手数料の領収書(領収書の写し)の郵送での提出

書類受付期限

移管入庫完了後、最初に到来する偶数月(2 月、4 月、6 月、8 月、10 月、12 月)の第 3 金曜日(祝日にあたる場合は翌営業日)

例:1 月に移管入庫が完了した場合は 2 月の第 3 金曜日が、2 月に移管入庫が完了した場合は 4 月の第 3金曜日が書類受付期限となります。

キャッシュバック時期

各移管入庫完了月に応じた書類受付期限の月末頃

※移管入庫完了後、最初に到来する偶数月(2 月、4 月、6 月、8 月、10 月、12 月)の月末頃を予定。

対象者

インターネットコースの方

※ダイレクト、IFA、対面コースの方は対象外となります。

情報ソース:【投資信託移管入庫手数料はSBIが全額負担!】投信お引越しプログラム!

対象銘柄

当社取扱投資信託が対象となります。

(MMF・中期国債ファンド・MRFは対象外)

投資信託移管入庫手続きの流れ

  1. 移管元金融機関で投資信託をSBI証券へ移管する手続きを実施
  2. 投資信託入庫申込書と領収書(領収書の写し)を当社へ郵送
  3. 投資信託入庫申込書と領収書(領収書の写し)をSBI証券が確認
  4. 移管元金融機関へ支払った「出庫手数料」と同額を総合口座へ入金

最後に

楽天証券が投信保有ポイントを廃止したので、楽天証券で投資信託を保有するメリットはありません。

SBI証券が好機とみて、「投信お引越しプログラム」サービスを開始します。

SBI証券は投資信託保有時のポイントを還元する、投信マイレージサービスを実施しています。

つまり、

  1. 還元率1.0%の楽天カード投信積立を利用し1年以上、楽天証券で投資信託を買い続ける
  2. 月の中旬ごろに、楽天証券より「投信口座振替依頼書」を取り寄せる。
  3. 月の初旬に、「投信口座振替依頼書」を投函する。
  4. 楽天証券からSBI証券に移管される。
  5. SBI証券の投信マイレージサービスにより、投信保有ポイントをゲット(毎月)
  6. SBI証券より投資信託移管手数料がキャッシュバックされる

が無難で、ある程度ポイント還元を期待できる流れです。

  1. ファンドを楽天証券からSBI証券に移管する手間
  2. 楽天ポイントとTポイントまたはPontaポイントどちらをより利用するか

を天秤にかけて、楽天証券で保有しているファンドをSBI証券に移管しましょう。

<SBI証券について更に詳しく>SBI証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 さらに投信マイレージは還元率0.20%

 

 

スポンサーリンク