主要ネット証券最低水準 マネックス証券 取引毎手数料コースにおける現物取引手数料を引き下げ

証券会社

投資

マネックス証券が国内株式の取引手数料を一部引下げます。

今回の引き下げにより、主要ネット証券最低水準となります。

スポンサーリンク






取引毎手数料コースにおける現物取引手数料を引き下げ

国内株式の取引毎手数料コースにおける現物取引手数料を約定代金20万円超30万円以下の金額帯以外のすべてで引下げられます。

いつから?

2022年3月22日(火)約定分(予定)より

対象者

マネックス証券に証券総合取引口座を開設されているすべての方

手数料

約定金額 【現行】株式アプリ以外 【現行】株式アプリ 【新】
5万円以下 110円 55円
10万円以下 99円
20万円以下 198円 115円
30万円以下 275円 275円
40万円以下 385円
50万円以下 495円
100万円以下 成行:1,100円
指値:1,650円
約定金額の0.11% 535円
150万円以下 成行:約定金額の0.11%
指値:約定金額の0.165%
640円
3,000万円以下 1,013円
3,000万円超 1,070円

注意点

以下は手数料引き下げの対象外です。

  • 旧オリックス証券口座向け売買手数料コースおよび旧トレードステーション利用口座向け売買手数料コースの方
  • IFA経由での注文の

情報ソース:現物取引手数料の引下げ 3月22日約定分(予定)から | 最新情報 | マネックス証券

現物取引手数料引下げ記念キャンペーン第1弾

取引手数料引下げを記念し、キャンペーンを実施しています。

キャンペーン期間:2022年3月10日(木)~2022年3月21日(月)

キャンペーン内容:キャンペーン期間中にクイズに正解した方の中から抽選で1,000名に、200円相当のAmazonギフト券(Eメールでお届け)をプレゼント。

プレゼント時期:2022年4月上旬頃にクイズ解答時に入力したメールアドレスに送付。

 

マネックス証券は東証上場ETF(5銘柄)の現物取引手数料が実質無料

内容

対象ETFの取引手数料(税抜)を、全額キャッシュバックされます。

対象

対象商品の取引(売買)をされた方

対象商品

  • MAXIS Jリート上場投信(1597)
  • MAXIS高利回りJリート上場投信(1660)
  • MAXIS Jリート・コア上場投信(2517)
  • MAXIS米国株式(S&P500)上場投信(2558)
  • MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信(2559)

対象取引

現物買い取引・売り取引(信用取引、非課税口座における取引は対象外)

キャッシュバック時期および方法

四半期ごと(1月、4月、7月、10月)の月末までに直前3ヶ月分の取引手数料(税抜)を証券総合取引口座へ入金。

(例:2020年4月、5月、6月の取引手数料は2020年7月末までにキャッシュバック)

対象外

信用取引、非課税口座(NISA)での取引は、対象外となります。

注意点

キャッシュバックの金額によっては、税法上、確定申告が必要になる場合があります。詳細については、税理士または最寄りの税務署に確認してください。

情報ソース:東証上場ETF(5銘柄)の現物取引手数料が実質無料|マネックス証券

プログラムの対象となるETF5銘柄

銘柄コード 銘柄 連動指数
1597 MAXIS Jリート上場投信 東証REIT指数
1660 MAXIS 高利回りJリート上場投信 野村高利回りJリート指数
2517 MAXIS Jリート・コア上場投信 東証REIT Core指数
2558 MAXIS米国株式(S&P500)上場投信 S&P500指数(円換算ベース)
2559 MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(円換算ベース)

相対的に高分配が期待されるJリートETF3銘柄と米国と全世界の株式に投資するETF2銘柄です。

運用会社はすべて三菱UFJ国際投信株式会社となります。

<詳細記事>マネックス証券 東証上場ETF(5銘柄)の現物取引手数料が実質無料

最後に

マネックス証券が国内株式の取引手数料を一部引下げます。

取引手数料(コスト)は投資家のリターンにとって確実なマイナスです。

今回のサービス開始は投資家にとって喜ばしいことです。

マネックス証券は

  1. 超低コストインデックスファンドの充実
  2. 投資信託の「毎日つみたて」(日額・月額)
  3. ほぼすべてのファンドに投信マネックスポイントが付与
  4. 米国上場海外ETF含む米国株式の最低取引手数料を無料
  5. 投資信託も!ETF・REIT等の信用取引も!実質0円
  6. バンガードなど米国ETFの買付手数料を実質無料に「USAプログラム」
  7. 投資に役立つ情報や分析ツールが充実

など、高機能なツールが無料で使え、初心者にも優しいネット証券です。

今後、マネックス証券が頭一つ抜け出すには日本初の更なるサービスを提供しないと難しいでしょう。

<マネックス証券について更に詳しい記事はコチラ>マネックス証券 海外ETF投資でオススメの証券会社 主要ネット証券の中で売買手数料は最安 

スポンサーリンク