SBI証券Vポイントサービスをスタート

証券会社

投資 invest

SBI証券Vポイントサービスがスタートします。

  • SBI証券の口座開設、投資信託や国内株式など、さまざまな取引に応じて、Vポイントが貯まります。
  • 使える Vポイント1ポイント=1円分として、Vポイントを投資信託の購入に使えます。(Vポイント投資)

スポンサーリンク






SBI証券Vポイントサービス

対象

  • 三井住友カードのwebサイトやVpassアプリ経由で証券口座を開設した方
  • 既にSBI証券の証券口座保有者で三井住友カードの金融商品仲介サービスに変更した方

ポイント

Vポイント1ポイント=1円分として、Vポイントを投資信託の購入に使えます。(Vポイント投資)

ポイント利用単位

1ポイント1円相当

利用上限

99,999,999ポイント

利用下限

1ポイント

利用可能なポイント

  1. Vポイント 通常ポイント(含む、期間限定ポイント)
  2. ANAマイレージ移行可能ポイント

「通常ポイント」を優先し、有効期限の古い順に減算します。

「通常ポイント」をすべて使い切った後、「ANAマイレージ移行可能ポイント」を有効期限の古い順に減算します。

情報ソース:SBI証券Vポイントサービス|クレジットカードの三井住友VISAカード

対象外カード

  • Vポイント以外の独自ポイントが貯まる提携カード
  • 銀聯カード
  • ビジネスカード(除く三井住友ビジネスカード for Owners・三井住友カード ビジネスオーナーズ)
  • コーポレートカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • 家族カード
  • ETC
  • iD

などは対象となりません。

対象外サービス

  • 株式、債券などの購入は利用不可。
  • 積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付は対象となりません。
  • クレジットカードで投資信託を積立される際に、Vポイントを利用して購入することはできません。
  • クレジットカードで投資信託の積立をし、貯めたVポイントはVポイント投資に利用できます。
  • インターネットでの買付のみが対象です。

Vポイント投資リリース記念!Vポイントが当たるキャンペーン!

Vポイントを投資信託の購入に利用できる「Vポイント投資」リリースを記念して、抽選でVポイントが当たるキャンペーンを実施されます。

キャンペーン期間

2022年5月30日(月)~8月31日(水)

条件

条件1・2を期間内に達成した本会員が対象となります。

条件1.「Vポイント投資」で1ポイント以上利用

Vポイントを投資信託の購入に利用できる「Vポイント投資」は、三井住友カード仲介口座を保有の方が利用できるサービスです。すでにSBI証券口座を保有の方は、Vポイントが貯まる・使えるコース(三井住友カード仲介口座)への変更が必要です。

条件2.「SBI証券Vポイントサービス」に登録のカードを500円(税込)以上利用

本キャンペーンはエントリー不要です。

特典

抽選で100名に1万円相当のVポイントをプレゼントいたします。

当選された方へは10月末ころにVポイントをプレゼントいたします。

最後に

SBI証券Vポイントサービスがスタートします。

  • SBI証券の口座開設、投資信託や国内株式など、さまざまな取引に応じて、Vポイントが貯まります。
  • 使える Vポイント1ポイント=1円分として、Vポイントを投資信託の購入に使えます。(Vポイント投資)

対象は下記の方です。

  • 三井住友カードのwebサイトやVpassアプリ経由で証券口座を開設した方
  • 既にSBI証券の証券口座保有者で三井住友カードの金融商品仲介サービスに変更した方

メリット、デメリットを天秤にかけて利用しましょう。

SBI証券に口座を開設している人で「Vポイント」が貯まるコースへの変更をする場合は、「三井住友カード」のページから変更手続きを行います。

手続きを行うとSBI証券のサイトが三井住友カードの仲介口座に切り替わります。そのうえでSBI証券サイトの「口座管理」からポイント・外部ID連携で三井住友カードのVpassのID、パスワードで連携をすれば完了となります。

スポンサーリンク