ひふみ投信が中長期資産形成に適したバランスファンド「まるごとひふみ」を新規設定

ファンド

funds

投資信託「ひふみ」シリーズを運用するレオス・キャピタルワークスが、中長期資産形成に適したバランスファンド「まるごとひふみ」を新規設定します。

国内外の株式および債券に投資対象としたアクティブ運用の公募投資信託となります。

3月15日より当初募集を始め、3月30日より運用を開始いたします。

スポンサーリンク






まるごとひふみの概要

ファンドの目的及び基本的性格

ファンド名 目的

まるごとひふみ15

まるごとひふみ50

投資信託証券への投資を通じて、主として内外の株式および内外の債券に実質的に投資し、信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として運用を行ないます。
まるごとひふみ100 投資信託証券への投資を通じて、主として内外の株式に実質的に投資し、信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として運用を行ないます。

ファンドの特色

ファンドの名称 投資対象
ひふみ投信マザーファンド 国内外の株式

ひふみワールドファンドFOFs用

(適格機関投資家専用)

日本を除く海外の株式
ひふみグローバル債券マザーファンド 国内外の債券

信託報酬

ファンドの名称 実質的な信託報酬
まるごとひふみ15 年 0.6024%
まるごとひふみ50 年 0.8580%
まるごとひふみ100 年 1.2160%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

販売手数料

購⼊価額に3.0%以内で販売会社が独⾃に定める率を乗じて得た額

設定日

2021年3月30日設定

信託期間

無期限

販売会社

<銀行>(4社)

  • 岩手銀行
  • 荘内銀行
  • 千葉興業銀行
  • 福島銀行

<証券会社>(7社)

情報ソース:中長期資産形成に適したバランスファンド「ひふみらいと」「まるごとひふみ」を新規設定 | ニュースリリース | ひふみ

資産配分比率

ファンド名称 ひふみ投信マザーファンド

ひふみワールドファンドFOFs用(適格機関投資家専用)

ひふみグローバル債券マザーファンド
まるごとひふみ15 9% 6% 85%
まるごとひふみ50 30% 20% 50%
まるごとひふみ100 60% 40% 0%

主要投資対象の投資信託証券の概要

ひふみ投信マザーファンド

  1. 運用にあたっては、国内外の長期的な経済循環を勘案して、適切な国内外の株式市場を選び、その中で、長期的な企業の将来価値に対して、その時点での市場価値が割安であると考えられる銘柄を選別し、長期的に分散投資します。
  2. ただし、市況動向に急激な変化が生じたとき等やむを得ない事情が発生した場合には、上記のような運用が一時的にできない場合があります。

ひふみワールドファンドFOFs用(適格機関投資家専用)

  1. ひふみワールドマザーファンドの受益証券への投資を通じて、世界各国(日本を除く)の企業の中で、成長性が高いと判断される企業の株式を中心に実質的に投資をします。
  2. 各国の投資比率については、各国の政治・経済動向の変化や市況動向に基づく相対的魅力度、流動性、市場規模等を勘案しつつ、ポートフォリオを構築します。
  3. 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。
  4. ただし、市況動向に急激な変化が生じたとき等やむを得ない事情が発生した場合には、上記のような運用が一時的にできない場合があります

ひふみグローバル債券マザーファンド

  1. 世界各国のさまざまな種類の公社債の中から、各国の政治・経済・市場分析と個別銘柄分析に基づき、銘柄を選別して投資を行ないます。
  2. 公社債の組入比率や種別配分比率は市況状況等に応じて変化します。
  3. デュレーション調整等のため、先物取引等を利用することがあります。
  4. 組入外貨建資産については、為替ヘッジを行なうことを基本としますが、市況動向等により為替ヘッジ比率を調整する場合があります。
  5. 市況動向に急激な変化が生じたとき等やむを得ない事情が発生した場合には、上記のような運用が一時的にできない場合があります。

最後に

投資信託「ひふみ」シリーズを運用するレオス・キャピタルワークスが、

に加えて、中長期資産形成に適したバランスファンド「まるごとひふみ」を新規設定します。

3月15日より当初募集を始め、3月30日より運用を開始いたします。

投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク