SBI証券×三井住友カード 還元率0.5% 「投信積立サービス」及び資産運用でポイントが貯まる「V ポイントサービス」2021.6.30開始

証券会社

チャート

SBI 証券と三井住友カードが、先日発表した

  • 投信積立サービス
  • V ポイントサービス

が2021 年 6 月 30 日(水)にサービス開始となります。

<参考記事> SBI証券 三井住友カードの投信積立で還元率0.5% サービス開始

スポンサーリンク






三井住友カードが発行するクレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」について

SBI 証券の「投信積立サービス」において、5 万円/月を上限として、三井住友カードが発行するクレジットカードで決済が可能となり、決済金額の 0.5%分の V ポイントが付与されます。

対象

SBI 証券の証券総合口座開設者

対象商品

積立買付が可能な投資信託

預り区分

  • 特定
  • 一般
  • NISA
  • つみたて NISA(ジュニア NISA は対象外)

買付タイミング

毎月 1 日

積立申込金額

5 万円まで

クレジットカード決済によるポイント付与

決済金額の 0.5%分の V ポイント

対象外

一部の金融商品仲介業者からSBI証券口座を開設された方

情報ソース:SBI 証券と三井住友カード、クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」及び資産運用でポイントが貯まる「V ポイントサービス」開始日のお知らせ(PDF)

資産運用でポイントが貯まる「V ポイントサービス」について

金融商品仲介サービスにより、三井住友カード経由で口座開設された方には、SBI 証券における国内株式等の買付金額や投資信託の保有残高に応じて、V ポイントが付与されます。

これにより、毎月のカード利用金額に応じて付与される V ポイントに加え、今後 SBI 証券での取引状況に応じて V ポイントが付与されるようになり、これまで以上に V ポイントが貯まりやすくなります。

マイレージサービスにおける付与ポイントとポイント獲得条件

項目 三井住友カード経由で口座開設 三井住友カード経由以外で口座開設
マイレージサービス
による付与ポイント
V ポイント T ポイント
国内株式現物取引
(国内株式手数料マ
イレージ)
スタンダードプラン及び PTS 取引の月間合計手数料の 3%相当のポイント スタンダードプラン及び PTS 取引の月間合計手数料の 1.1%相当のポイント
投資信託取引
(投信マイレージ)
・対象投資信託の月間平均保有額 1,000万円未満:年率 0.1%相当のポイント
・対象投資信託の月間平均保有額 1,000万円以上:年率 0.2%相当のポイント
※一部の投資信託は 0.1%未満の付与率となります。
同左
金・プラチナ取引
(金・プラチナ・銀マ
イレージ)
スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の 1.0%相当のポイント 同左
新規口座開設 口座開設完了後にVポイントサービスの設定で 100 ポイント付与 口座開設時に T ポイントサービスの申込で 100 ポイント(期間固定 T ポイント)付与
国内株式移管入庫 1 回の移管入庫につき 100 ポイント 同左

<投信マイレージ詳細記事>SBI証券 投信マイレージがリニューアル!原則すべての銘柄が投信マイレージの対象に 2/1より 

「V ポイント投資」を順次開始

三井住友カード Vpass アプリ上での SBI 証券総合口座情報の表示、V ポイント 1 ポイント=1 円として SBI 証券の投資信託の買付に利用出来る「V ポイント投資」を順次開始する予定です。

注意点

  • 「V ポイントサービス」は、三井住友カードの WEB サイト経由で SBI 証券口座を開設された方で、かつ V ポイント対象カードを保有者専用のサービスとなります。
  •  銀聯、ビジネスカード、コーポレートカード、一部の提携カード、デビットカード、プリペイドカードなどは対象となりません。
  •  V ポイント付与のためには、SBI 証券サイトにて「V ポイントサービス」の登録が必要となります。投資信託保有残高に応じて Tポイントが貯まる「投信マイレージサービス」との併用はできません。

Vポイントとは

ワールドプレゼントポイントからリニューアルした、三井住友カードが管理・運営するSMBC グループ共通のポイントです。

ポイント累積数に応じて希望の景品との交換や、銀行の振込手数料割引、他社ポイントへの移行ができます。

三井住友カードの場合、通常、毎月のカード利用金額の合計200円(含む消費税など)ごとに1ポイント(1円相当)が付与されます。

<詳細記事>三井住友カード ポイントがもっと貯めやすくワールドプレゼントがリニューアル

楽天証券の楽天カード投信積立と比較

サービス SBI証券
三井住友カード
楽天証券
楽天カード
還元率 0.5% 1.0%
月額積立上限額 50,000円 50,000円
毎月のポイント付与上限 250ポイント 500ポイント
ポイントの種類 Vポイント 楽天スーパーポイント
対象投信積立口座
  • 特定
  • 一般
  • NISA
  • つみたて NISA(ジュニア NISA は対象外)

楽天証券で積立可能なすべての投資信託を購入(買い付け)可能

  • 特定口座
  • 一般口座
  • NISA
  • つみたてNISA

も対象

超低コストインデックスファンド 対象

対象

<詳細記事>驚愕!! 楽天証券 投信積立額の1%にポイントが付与 楽天カード決済スタート

最後に

SBI証券の投信積立サービスにおける三井住友カードのクレジットカード決済(Vポイント還元率0.5%)は、すべてのSBI証券総合口座開設者が対象です。

現時点では、

  • 楽天証券の楽天カード投信積立50,000円/月
  • iDeCo(イデコ)の積立

を超過して投信積立をしたい且つ、Vポイントをお得に貯めたい方におススメのサービスです。

しかしながら既にSBI証券で、投信マイレージを利用されている方は併用ができません。

三井住友カード投信積立に切り替える場合は、既存サービスの投資信託保有残高に応じて貯まるTポイントと新サービスのVポイント還元率0.5%を天秤にかけてお得な方を利用しましょう。

<SBI証券について更に詳しい記事はコチラ>SBI証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 さらに投信マイレージは還元率0.20%

スポンサーリンク