SBI証券 Pontaポイントがたまる・つかえる「Ponta ポイントサービス」を開始

証券会社

ポンタ ponta

SBI証券が、2021年11月1日(月)からPontaポイントがたまる・つかえる「Ponta ポイントサービス」を開始しました。

スポンサーリンク






「Ponta ポイントサービス」の概要

メインポイント設定画面で「Ponta ポイント」を選択することで、

  1. 取引実績等に応じて Ponta ポイントをためる
  2. 投資信託の買付代金に Ponta ポイントがつかえる「Ponta ポイント投資」

が可能となります。

情報ソース:「Pontaポイントサービス」開始のお知らせ (PDF)

取引実績等に応じた Ponta ポイント加算(ポイントがたまる)

国内株式現物取引(国内株式手数料マイレージ)

スタンダードプランおよび現物 PTS 取引の月間手数料の 1.1%相当のポイント

投資信託取引(投信マイレージ)

・対象投資信託の月間平均保有額 1,000 万円未満:年率 0.1%相当のポイント
・対象投資信託の月間平均保有額 1,000 万円以上:年率 0.2%相当のポイント
※一部のファンドは 0.1%未満の加算率となります。

金・プラチナ取引(金・プラチナ・銀マイレージ)

スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の 1.0%相当のポイント

新規口座開設

100 ポイント

国内株式入庫

1回の移管入庫につき 100 ポイント

 

Ponta ポイント投資(ポイントがつかえる)

概要

投資信託の買付代金に Ponta ポイントが利用可能(買付代金の一部または全部)

対象サービス

金額指定の買付

※積立買付、口数買付、ジュニア NISA 口座における買付は対象外となります。

ポイント利用単位

1 ポイント 1 円相当
・利用上限:なし
・利用下限:最低 1 ポイントから利用可能

共同キャンペーン

  • ポイントで日本を元気に!キャンペーン
  • 投資信託の平均保有金額に応じて貯まるポイントの付与率が通常の最大 2 倍になるキャンペーン

を実施中です。

最後に

SBI 証券のポイントサービスは、「T ポイント」または「Ponta ポイント」から連携するポイントを選択できる「えらべるポイント投資」として生まれ変わりました。

複数の共通ポイントを投資につかえるマルチポイントサービスは、国内主要証券で初めての取組みとなります。

<SBI証券について更に詳しく>SBI証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 さらに投信マイレージは還元率0.20%

スポンサーリンク