<--ウェブマスターツール-->

業界初! 楽天証券 楽天スーパーポイントで個別株が買えるように

証券会社

楽天

楽天証券で、「楽天スーパーポイント」で国内株式(現物)が購入することが出来る「ポイント投資」サービスを開始します。

2019年10月28日(月)からスタートです。

国内株式(単元株)の購入でポイントが利用できるのは、業界初です。

スポンサーリンク






「ポイント投資」国内株式取引の概要

ポイントコースを「楽天スーパーポイントコース」に設定すると、国内株式(現物取引)の購入代金と手数料の一部または、全額にポイントを利用することができます。

サービス概要

PTS夜間取引を含む国内株式(現物)取引、買い物注文時の購入代金および取引手数料の全額または一部に「楽天ポイント」の利用が可能

ポイント利用単位

1ポイント=1円

対象銘柄

国内株式 現物取引の取り扱い銘柄

対象ポイント

楽天ポイント

対象口座

  • 特定口座
  • 一般口座
  • NISA口座

情報ソース:業界初!「楽天スーパーポイント」で株が買える!-楽天証券の「ポイント投資」は投資信託・日本株共にNISAでも使える( PDF)

ポイント残高が不足している場合

ポイント残高が不足している場合は、利用可能なポイント数を利用し、残りは現金で投資されます。

ポイント利用方法

  1. ポイントコースを、楽天スーパーポイントコースに設定する。
  2. ポイントの利用方法は、「すべて使う」「毎日上限 ○○ポイント」「毎月上限 ○○ポイント」の3通りから選択可能することができます。
  3. 注文時には、購入金額+手数料分の現金が必要となります。
  4. 注文時にポイントが拘束され、受渡日にポイント利用分の現金が戻ります。

楽天スーパーポイントの利用可能上限

500,000ポイント/1日

500,000ポイント/1ヶ月

利用上限は楽天会員ランクによって異なります。

対象外

銘柄

  • IPO(新規公開株式)
  • PO(公募増資・売出)
  • 新株予約権無償割当(ライツ・オファリング(払い込みによるもの))

ポイント

  • 期間限定ポイント
  • 他ポイントから交換して保有している楽天ポイント

は除きます。

証券ポイントは株投資に利用できません。

口座

ジュニアNISA口座は対象外となります。

 

その他注意点

国内株式の「ポイント投資」はSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象外。SPUの判定対象はポイント投資(投資信託)のみです。

ポイントを利用し同日に投資信託と国内株式を取引した場合、ポイントは投資信託への買い付けに優先して利用されます。

ポイント残高が不足している場合

ポイント残高が不足している場合は、利用可能なポイント数を利用し、残りは現金で投資されます。

ポイント利用例

「毎日上限 1,500ポイント」を設定した場合

  • 1日目
現物買付代金(購入代金+手数料) 10,000円
保有ポイント 5,000ポイント

→毎日上限の1,500ポイントが利用される。残りの8,500円は現金。

  • 2日目
現物買付代金(購入代金+手数料) 10,000円
保有ポイント 1,000ポイント

→毎日上限1,500ポイントのうち、利用可能な1,000ポイントのみ
利用される。残りの9,000円は現金。

  • 3日目
①A銘柄
現物買付代金(購入代金+手数料)
11,500円
②B銘柄
現物買付代金(購入代金+手数料)
10,000円
合計 21,500円
保有ポイント 2,000ポイント

→毎日上限1,500ポイントが利用される。残りの20,000円は現金。

最後に

楽天証券で業界初の、「楽天スーパーポイント」で国内株式が買える、「ポイント投資」サービスが開始します。

楽天グループではこれまで「楽天ポイント」を利用できる

が提供されています。

  • 楽天スーパーポイントを貯めている
  • 投資に興味がある
  • 現金はなるべく使いたくない

という方におススメです。

今後は、「期間限定ポイント」、「他ポイントから交換して保有している楽天ポイント」での購入に利用できれば更に投資家のすそ野は広がります。

楽天証券のサービス拡充に期待したいです。

SBI証券、マネックス証券がどう対抗するのか。動きがあり次第ブログでお伝えします。

<楽天証券について更に詳しい記事はコチラ>楽天証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 日経テレコンは無料で読み放題!さらに各種取引で楽天スーパーポイントも付与

スポンサーリンク