超低コスト  <購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)を2020.6.29設定

ファンド

地球 世界

<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)

をニッセイアセットマネジメントが新規に設定します。

<<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)は一般発売されている世界株式インデックスファンドの中で最もコストが低いファンドの一つとなります。

スポンサーリンク






<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)の概要

ファンドの特色

国内株式、先進国株式(除く日本)、新興国株式への基本投資割合は、名目GDP(国内総生産)総額の比率に基づき決定します。

信託報酬

0.104%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

販売手数料

ありません

設定日

2020年6月29日

信託期間

無期限

当初販売会社

SBI証券

情報ソース:EDINET

名目GDP(国内総生産)総額とMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスの比率を比較

項目 国内株式 先進国株式 新興国株式
名目GDP(国内総生産)総額 6.0% 54.0% 40.0%
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス 7.2% 81.5% 11.3%

名目GDP(国内総生産)総額の方が、先進国株式比率が少なく、新興国株式比率が多いです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)の投資対象とするマザーファンド

項目 マザーファンド
国内株式 TOPIX(東証株価指数)(配当込み)
先進国株式 MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)
新興国株式 MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円換算ベース)

各アセットクラスの比率は名目GDP(国内総生産)総額ですが、アセットクラス内の比率は時価総額比率となります。

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス連動ファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
年0.104%
SBI・全世界株式インデックス・ファンド/愛称:雪だるま(全世界株式)
年0.104%
たわらノーロード 全世界株式
年0.120%
全世界株式インデックス・ファンド
年0.48%

 

<購入・換金手数料なし>シリーズのファンド

名称 信託報酬(税抜)
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
年0.140%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
年0.140%
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド
年0.195%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
年0.093%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド
年0.189%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)
年0.104%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
年0.139%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
年0.17%
<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド
年0.25%
<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド
年0.27%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)
年0.140%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)
年0.159%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)
年0.159%

最後に

ついにニッセイアセットマネジメントが全世界株式インデックスファンドを設定します。

信託報酬はこれまでの最安コストと同じ年0.104%です。

ただし、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスをベンチマークとしていないため、新興国株式の比率が多いです。

新興国株式を魅力的に感じている投資家にとっては、有力な選択肢の一つとなります。

乗り換える場合、運用報告書で実質コストを確認してからでも、長い運用期間を考えると遅くはないかもしれません。

投資は自己責任でお願いします。

ニッセイアセットマネジメントの取り組みに今後も期待しています。

スポンサーリンク