<--ウェブマスターツール-->

意地の引き下げ!マネックス証券 米国上場海外ETF含む米国株式の最低取引手数料を0.01米ドル(1セント)へ

証券会社

マネックス MONEX

マネックス証券が、米国上場海外ETF含む米国株式の最低取引手数料をさらに引き下げます。

主要ネット証券の中では最安となり、これまで以上に低いコストでの取引が可能となります。

また、同時に米ドルの為替手数料(買付時)も半年間無料となります。

スポンサーリンク






米国上場海外ETF含む米国株式の手数料

いつから?

7月22日(月) 米国現地約定分から

変更前

約定代金の0.45%

手数料下限0.1ドル/上限20ドル

<参考記事>マネックス証券 米国上場海外ETF含む米国株式の最低取引手数料を0.1米ドルへ

※税別、以下注記ない限り税別

変更後

約定代金の0.45%

手数料下限0.01米ドル(1セント)/上限20ドル

手数料計算

約定代金 手数料
2.22ドル以下 0.01米ドル(1セント)
2.22ドル超から4,444.44ドル以下 約定代金の0.45%
4,444.44ドル超 20米ドル

情報ソース:米国株の最低取引手数料を0.01米ドル(1セント)へ変更! | 最新情報 | マネックス証券

米ドルの為替手数料

2019年7月8日から2020年1月7日まで、

買い付け時の手数料が無料になります。

米国株式手数料を比較

証券会社 最低取引手数料 取引手数料 最高取引手数料
SBI証券 5ドル 約定代金の0.45% 20ドル
マネックス証券 0.01米ドル(1セント) 約定代金の0.45% 20ドル
楽天証券 0.01米ドル(1セント) 約定代金の0.45% 20ドル

マネックス証券が業界最安水準の楽天証券に並びました。

米ドルのスプレッド

米国株式を購入するには米ドルを購入する必要があり、スプレッドがかかります。

証券会社 スプレッド
SBI証券 SBI証券で購入・・・片道25銭
住信SBIネット銀行経由・・・片道15銭
SBI FXα経由・・・片道0.5銭
マネックス証券

片道25銭

※2019年7月8日から2020年1月7日まで、

買い付け時の手数料が無料になります。

楽天証券 片道25銭

SBI証券では、SBI FXαを利用すれば米ドルおよび米国株式の購入手数料はマネックス証券よりも少なくなります。

マネックス証券で購入できる主な米国上場海外ETF

グローバル株式

ティッカー 名称 連動指数
ACWI iシェアーズ MSCI ACWI ETF MSCI全世界指数(ACWI)に連動する。新興国を含めた全世界48カ国の時価総額85%をカバーする。
TOK iシェアーズ MSCI コクサイ ETF 日本を除く先進22カ国の主要企業の株式によって構成されるMSCIコクサイ指数に連動する。
VEU バンガード FTSE・オールワールド(除く米国)ETF 米国を除く先進国および新興国約50カ国の、約2,200銘柄で構成される、FTSEオールワールド(除く米国)インデックスに連動したパフォーマンスを目指します。
VSS バンガード FTSE オールワールド(除く米国) スモールキャップETF FTSEグローバル・スモールキャップ (除く米国) インデックスのパフォーマンスに一致する投資成果を目指す
VT バンガード トータル ワールド ストック ETF FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスのパフォーマンスに一致する投資成果を目指す
VWO バンガード FTSE エマージング マーケッツETF  FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ中国A株トランジション・インデックスに連動した動きを目指す。
VXUS バンガード トータル・インターナショナル・ストックETF 米国を除く世界の市場の98%をカバーする、FTSEグローバル・オールキャップ(除く米国)インデックスに連動したパフォーマンスを目指します。

先進国株式

ティッカー 名称 連動指数
IVV iシェアーズ・コア S&P 500 ETF 米国受益証券市場の大型株を含むS&P500指数に連動。
IWM iシェアーズ ラッセル 2000 ETF Russell 2000インデックスは時価総額加重型であり、Russell 3000インデックスの構成銘柄のうち、時価総額が下位の約2,000銘柄で構成され、米国株式市場の小型株を測る指標。
SPY SPDR S&P 500 ETF 米国S&P500指数に連動。SPDR(スパイダー)はStandard & Poor’s Depositary Receiptsの略号。
VB バンガード スモールキャップ ETF MSCI US Small-Cap 1750インデックスのパフォーマンスに一致する投資成果を目指す
VIG バンガード 米国増配株式ETF NASDAQ USディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。
VTHR バンガード ラッセル3000 ETF 米国株式市場の投資可能銘柄の約98%をカバーする時価総額上位3000銘柄で構成される、ラッセル3000インデックスに連動したパフォーマンスを目指します。
VTI バンガード トータル ストック マーケット ETF CRSP USトータルマーケット・インデックスのパフォーマンスに一致する投資成果を目指す。

セクターグローバル株式

ティッカー 名称 連動指数
KXI iシェアーズ グローバル生活必需品 ETF S&Pグローバル生活必需品セクター指数に連動。当インデックスには、食品の製造業者および販売業者、非耐久家庭用品の生産業者、食品/医薬品小売業者が含まれる。
VDC バンガード 米国生活必需品セクターETF 米国の生活必需品セクターの大型株、中型株、小型株を網羅する、MSCI USインベスタブル・マーケット・生活必需品25/50インデックスに連動したパフォーマンスを目指します。
XLP 生活必需品セレクト セクター SPDR ファンド S&P生活必需品セレクト セクター指数の値動きと利回りに、経費控除前で概ね連動する投資成果を上げることを目標とする。

参照:米国株取引/マネックス証券

米国ETF売買手数料実質無料プログラム「ゼロETF」

マネックス証券は他に米国ETF売買手数料実質無料プログラム「ゼロETF」サービスも提供しています。

ゼロETFは、対象ETFの米国株取引手数料(売買ともに)を実質無料とする国内初のプログラムです。

(取引日の翌月末までに、外国株取引口座に米ドルでキャッシュバックされます)。

ウィズダムツリーETFと新規取扱いを開始した6ヶ月以内の米国ETFが対象です。

<詳細記事>マネックス証券 「ゼロETF」開始 米国ETF手数料実質無料プログラム

最後に

マネックス証券が楽天証券に負けじと、意地の引き下げを実施します。

今回の最低手数料引下げにより、米国株式、バンガードやiシェアーズの米国上場海外ETFへの投資が更にしやすくなりました。

最低手数料の引き下げを発表していない、SBI証券はどのような対抗策を実施するのでしょうか。新しい情報が入り次第ブログでお伝えします。

手数料の引き下げ合戦はいつか限界が来ます。

DRIP(配当自動再投資)制度が実現されれば、顧客の争奪戦に頭一つ抜けることが出来るのではないでしょうか。

<マネックス証券について更に詳しい記事はコチラ>マネックス証券 海外ETF投資でオススメの証券会社 主要ネット証券の中で売買手数料は最安

スポンサーリンク