個人向け国債 適用金利とキャッシュバックキャンペーンまとめ 2020年5月

個人向け国債

個人向け国債キャンペーン

個人向け国債は毎月発行しています。

日銀がマイナス金利政策の導入を発表し、長期金利は依然として低いままです。

個人向け国債 変動10年の商品概要・特徴

スポンサーリンク






個人向け国債の税引前利率

発行 固定3年 固定5年 変動10年 (初回適用利率)
今月
2020年5月(pdf)
年0.05% 年0.05% 年0.05%
2020年4月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2020年3月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2020年2月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2020年1月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年12月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年11月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年10月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年9月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年8月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年7月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年6月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年5月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年4月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年3月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年2月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2019年1月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2018年12月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2018年11月 年0.05% 年0.05% 年0.09%
2018年10月 年0.05% 年0.05% 年0.09%
2018年9月 年0.05% 年0.05% 年0.07%
2018年8月 年0.05% 年0.05% 年0.09%
2018年7月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2018年6月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2018年5月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2018年4月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2018年3月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2018年2月 年0.05% 年0.05% 年0.06%
2018年1月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年12月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年11月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年10月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年9月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年8月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年7月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年6月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年5月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年4月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年3月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2017年2月 年0.05% 年0.05% 年0.06%
2017年1月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年12月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年11月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年10月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年9月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年8月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年7月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年6月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年5月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年4月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年3月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年2月 年0.05% 年0.05% 年0.05%
2016年1月 年0.05% 年0.05% 年0.17%
2015年12月 年0.05% 年0.05% 年0.21%
2015年11月 年0.05% 年0.05% 年0.21%
2015年10月 年0.05% 年0.05% 年0.22%
2015年9月 年0.05% 年0.05% 年0.28%
2015年8月 年0.05% 年0.05% 年0.26%
2015年7月 年0.05% 年0.09% 年0.34%
2015年6月 年0.05% 年0.05% 年0.30%
2015年5月 年0.05% 年0.08% 年0.28%
2015年4月 年0.05% 年0.05% 年0.24%
2015年3月 年0.05% 年0.05% 年0.26%
2015年2月 年0.05% 年0.05% 年0.20%
2015年1月 年0.05% 年0.05% 年0.20%
2014年12月 年0.05% 年0.05% 年0.31%
2014年11月 年0.05% 年0.08% 年0.29%
2014年10月 年0.05% 年0.11% 年0.34%
2014年9月 年0.06% 年0.12% 年0.34%
2014年8月 年0.06% 年0.10% 年0.34%
2014年7月 年0.06% 年0.12% 年0.37%
2014年6月 年0.07% 年0.14% 年0.40%
2014年5月 年0.08% 年0.14% 年0.40%
2014年4月 年0.08% 年0.15% 年0.42%
2014年3月 年0.07% 年0.14% 年0.40%
2014年2月 年0.08% 年0.15% 年0.40%
2014年1月 年0.09% 年0.17% 年0.48%
2013年12月 年0.08% 年0.15% 年0.43%
2013年秋 年0.11% 年0.24% 年0.51%
2013年夏 年0.14% 年0.30% 年0.57%
2013年春 年0.05% 年0.06% 年0.42%
2012年冬 年0.07% 年0.13% 年0.48%
2012年秋 年0.07% 年0.17% 年0.53%
2012年夏 年0.07% 年0.19% 年0.57%
2012年春 年0.10% 年0.27% 年0.64%
2011年冬 年0.18% 年0.33% 年0.72%

マイナス金利の導入を決定したことにより、金融機関は日銀にお金を預けると損をします。

安全資産の矛先として国債の購入が増え、それに伴い国債価格が上昇し金利が低下していました。

キャンペーン金額一覧

内容

金融機関 内容
SBI証券 キャッシュバック (買付余力・MRFへ)
楽天証券 ハッピープログラム
買付金額3万円ごとに1楽天スーパーポイント
マネックス証券 実施せず
野村證券
(ホームトレード含)
実施せず
大和証券 実施せず
SMBC日興証券 実施せず

auカブコム証券は個人向け国債の取り扱いがありません

対象

金融機関 3年債 5年債 10年債
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
野村證券
(野村ホームトレード含む)
大和証券
SMBC日興証券

購入額50万円

金融機関 固定3年 固定5年 変動10年
SBI証券 500円 500円 500円
楽天証券 16ポイント 16ポイント 16ポイント
マネックス証券
野村證券
(野村ホームトレード含む)
大和証券
SMBC日興証券

購入額100万円

金融機関 固定3年 固定5年 変動10年
SBI証券 1,000円 1,000円 1,000円
楽天証券 33ポイント 33ポイント 33ポイント
マネックス証券
野村證券
(野村ホームトレード含む)
大和証券
SMBC日興証券

購入額300万円

金融機関 固定3年 固定5年 変動10年
SBI証券 3,000円 3,000円 3,000円
楽天証券 100ポイント 100ポイント 100ポイント
マネックス証券
野村證券
(野村ホームトレード含む)
大和証券
SMBC日興証券

購入額500万円

金融機関 固定3年 固定5年 変動10年
SBI証券 5,000円 5,000円 5,000円
楽天証券 166ポイント 166ポイント 166ポイント
マネックス証券
野村證券
(野村ホームトレード含む)
大和証券
SMBC日興証券

購入額1,000万円

金融機関 固定3年 固定5年 変動10年
SBI証券 10,000円 10,000円 10,000円
楽天証券 333ポイント 333ポイント 333ポイント
マネックス証券
野村證券
(野村ホームトレード含む)
大和証券
SMBC日興証券

コロナウイルスの影響で大手証券会社のキャンペーン終了

コロナウイルスの影響で大手証券会社のキャッシュバックキャンペーンが終了しました。

その他に

  • みずほ証券
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券

もキャンペーンが終了しました。

個人向け国債キャンペーンのキャッシュバックに税金はかかるのか

個人向け国債キャンペーンのキャッシュバックは「雑所得」として取り扱われます。

知っておきたい税金のこと 個人向け国債キャンペーンのキャッシュバックに税金はかかる? 

最後に

個人向け国債 変動10年はインフレ・国債暴落 対策!ベストではないがベターな金融商品だと考えます。

インフレ・国債暴落 対策!ベストではないがベターな個人向け国債 変動10年

しかし、今回のマイナス金利政策の導入により、最低金利は「0.05%を保証」という金利条件が見直しされる可能性が有ります。

参照:個人向け国債Q&A詳細:個人向け国債窓口:財務省「個人向け国債」のQ6

購入するなら、毎回実施されているキャンペーンを狙い、プラスアルファのリターンを得た方がいいでしょう。

スポンサーリンク