マネックス証券 米国株定期買付サービス(配当金再投資) 2021.6.6正午スタート

証券会社

USドル アメリカ 

マネックス証券では、米国株取引において、定期買付サービス(配当金再投資)の取扱いを開始します。

特徴は

  1. 非課税口座(NISA口座)での設定が可能
  2. 未保有の銘柄も事前に設定可能
  3. オプション機能により預かり金を追加して購入が可能

となります。

スポンサーリンク






米国株定期買付サービス(配当金再投資) 

指定した銘柄に配当金が出た際、配当金の金額を上限に、買付を行うことができる最大の株数の買付注文を発注します。

追加オプションを選択した場合、預り金の資金も注文に充当可能です。

いつから?

6月6日(日)12:00頃

内容

「配当金再投資サービス」は、指定した保有銘柄で配当金が支払われた場合、配当金の金額を上限に、同銘柄の買付注文を発注するサービスです。

配当金はいったん預り金に入金された後、配当金額を上限に預り金を使用して注文を生成します。

また、オプションの機能を利用すると、配当金額だけでは買付株数に端数が出る場合、整数部分に不足する金額を預り金から自動で充当して発注を行います。

たとえば、配当金額が1株の買付金額に満たない場合、預り金を充当して1株の発注を行います。

本サービスを利用することにより、配当金を自動で再投資することが可能となります。

情報ソース:米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付)の提供開始! | 最新情報 | マネックス証券

オプション機能

「配当金再投資サービス」は、端株の購入に対応しておりません。

しかし、設定の際にオプション機能を選択することにより、配当金額だけでは買付株数に端数が出る場合、整数部分に不足する金額を預り金から自動で充当して発注を行います。

たとえば、配当金額が1株の買付金額に満たない場合、預り金を充当して1株の発注を行います。

配当金が1株の買付金額に満たない場合も同様の挙動が適用されます。

計算例1

配当金:0.1ドル、株価:50ドル、保有株数:400株の場合

オプションなし 受領する配当金額は[0.1ドル X 400株 = 40ドル]となるため、0.8株分の金額に相当します。
配当金額が1株の買付に必要な金額に満たず、買付用の注文は生成されません。
オプションあり 1株の買付に足りない0.2株分となる10ドルをお預り金から自動で充当し、1株の注文を生成します。

計算例2

配当金:0.1ドル、株価:50ドル、保有株数:800株の場合

オプションなし 受領する配当金額は[0.1ドル X 800株 = 80ドル]となるため、1.6株分の金額に相当します。端数の0.6株分を切り捨て、1株の注文を生成します。
オプションあり 端数0.6株を1株とするため、足りない0.4株分となる20ドルをお預り金から自動で充当し、2株の注文を生成します。

登録方法

  1. 外国株トップ画面より、「外国株管理サイト」に遷移
  2. 「外国株管理サイト」内における「外国株取引」の「配当金再投資登録」より、銘柄を検索
  3. 右側「登録」のボタンを押下
  4. 次画面で必要事項を入力
  5. 画面に従って登録(契約)を完了

USAプログラムを利用すれば対象ETFの買付手数料をキャッシュバック

対象ETFの米国株取引にかかる買付手数料(税抜)を全額キャッシュバックされます。

対象商品

  • バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
  • バンガード・S&P500ETF(VOO)
  • バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
  • iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)
  • SPDR トラストシリーズ1(SPY)
  • ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
  • ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド(DHS)
  • ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド(DLN)
  • ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド(DGRW)

※対象商品は、今後変更になる場合があります。

キャッシュバック時期

対象商品の取引を行った日の翌月末までに、米ドルで外国株取引口座へ入金されます。

<詳細記事>マネックス証券 バンガードなど米国ETFの買付手数料を実質無料に「USAプログラム」をスタート!さらに為替手数料も無料

米国のDRIP(Dividend Reinvestment Plan)制度には該当しません

「累積投資契約」には該当いたしませんので、注文の発注の際には「米国上場有価証券等取引に係る上場有価証券等書面」を確認する必要があります。

また、「配当金再投資サービス」は、米国のDRIP(Dividend Reinvestment Plan)制度には該当しません。

税制優遇の措置は受けられず、当該サービスを利用し約定した際には所定の買付手数料が必要となります。

最後に

配当金再投資サービスは、指定した銘柄に配当金が出た際、配当金の金額を上限に、買付を行うことができる最大の株数の買付注文を発注します。

オプション機能は配当金が出るタイミングで、配当金の額に関わらず預り金の範囲で必ず1株以上を買う注文が作成されますので、手元資金に余裕があり、買付を着実に進めていきたい場合におすすめの機能です。

さらにUSAプログラムを利用すれば対象ETFの買付手数料をキャッシュバックされます。

マネックス証券は

  1. 超低コストインデックスファンドの充実
  2. 投資信託の「毎日つみたて」(日額・月額)
  3. ほぼすべてのファンドに投信マネックスポイントが付与
  4. 米国上場海外ETF含む米国株式の最低取引手数料を無料
  5. 投資信託も!ETF・REIT等の信用取引も!実質0円
  6. バンガードなど米国ETFの買付手数料を実質無料に「USAプログラム」
  7. 投資に役立つ情報や分析ツールが充実

など、高機能なツールが無料で使え、初心者にも優しいネット証券です。

<マネックス証券について更に詳しい記事はコチラ>マネックス証券 海外ETF投資でオススメの証券会社 主要ネット証券の中で売買手数料は最安 

スポンサーリンク