2023年 新年明けましておめでとうございます!と2022年の振り返り

雑記

新年 謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

今年の正月も、

  • 長女
  • 次女
  • 長男
  • 次男
  • 三女

5人の子供に囲まれながら、例年通りバタバタしています。

健康にすくすく成長して、とても嬉しいです。

スポンサーリンク






2022年の振り返り

新年となりましたので、昨年の振り返りをしてみたいと思います。

2022年の世界の株式市場は、世界的なインフレと金融引き締めで大幅調整となりました。

株式

 

2022年の主要国の株式市場は、世界的なインフレと中央銀行の利上げを嫌気し、一部の国を除き大きく調整しました。
世界の株式の動きを示すMSCI世界株指数(MSCI-ACWI)は、年初から秋口にかけて弱含みで推移し、その後やや持ち直したものの、昨年末比▲19.7%となっています(12月23日時点)。

2022年は、2月にロシアがウクライナへの軍事侵攻を開始したことを機に、原油などの資源価格が急騰し、世界的に物価が急上昇しました。
インフレ加速を受け、米連邦準備制度理事会(FRB)は3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でゼロ金利を解除して以降、毎会合、大幅な利上げを実施しました。
他の中央銀行も相次いで急ピッチな利上げを行ったことで、先行きの景気後退が意識され、世界の株式市場は大幅な調整を余儀なくされました。

債券

2022年の米欧の長期金利(10年国債利回り)は、予想外のインフレ高止まりや主要中銀による積極的な金融引き締めから大きく上昇しました。
とはいえ、年末にかけては、利上げ効果の浸透による景況感の悪化や、利上げペースの鈍化を材料に市場では次第に買いが優勢となり、米長期金利は低下に転じました。


日本の10年国債利回りは長らく0.1~0.2%台のレンジで推移してきましたが、日銀が大規模緩和を修正し、長期金利の変動許容幅を拡大した12月20日を機に急騰しました。

為替市場

 

2022年の為替市場は主要通貨に対して大幅な円安となりました。
米ドル/円レートは2021年末の115.08円から、10月20日には150.15円と30.5%円安が進みました。
150円を超えたのは1990年以来32年ぶりです。
対ユーロ、豪ドルでも10%台の円安となりました。


急激な円安・米ドル高は、2月のロシアによるウクライナ侵攻とその後の原油などのエネルギー価格や穀物価格の高騰、3月に利上げへと舵を切った米連邦準備制度理事会(FRB)による以後の利上げ加速による日米金利差の拡大などが背景です。

 

ブログ投稿数

2022年も365本と1日1本のペースでアップする事が出来ました。

ブログ記事数は4,643本になりました。

年月 記事数
2022年12月 31
2022年11月 30
2022年10月 31
2022年9月 30
2022年8月 31
2022年7月 31
2022年6月 30
2022年5月 31
2022年4月 30
2022年3月 31
2022年2月 28
2022年1月 31
2021年 365
2020年 383
2019年 365
2018年 365
2017年 380
2016年 428
2015年 622
2014年 601
2013年 480
2012年 236
2011年 53
累計 4,643

 

ブログ運営の変更を検討

2016年1月にGoogleが提供するブログサービスのBloggerから独自ドメイン+Wordpressに移行しました。

WordPressはカスタマイズに優れ、ブログの自由度がとても高いです。さらにテンプレートによってはSEOにも強いです。

知識と時間があれば、自分の思った通りのサイト作りができます。

しかしWordpressを卒業しようか検討しています。

WordPressのデメリット

  • ある程度の専門知識がないと、自由にカスタマイズできない
  • 下手にカスタマイズをするとデザインが崩れる、管理画面にログインすら出来なくなる
  • テーマ、プラグイン、PHPのバージョンアップをすると、時々失敗し管理画面にログインできなくなる
  • 管理画面にログイン出来なくなるとGoogleの検索を利用し、自力で解決するしかない
  • トラブルを解決するために非常に時間がかかる。

そして最大の卒業理由は、現在利用しているサーバーである、wpXクラウドが2019年10月に新規受付を終了したことです。

運営会社は新しいwpX Speedへの移行を促しています。いずれwpXクラウドの運営が終了することを示唆している可能性があります。

wpXクラウドのような、

  1. サーバーが安定している
  2. 表示スピードがとにかく速い
  3. 1つのブログを全力で更新できる
  4. いずれサイトの規模が大きくなったときにまたサーバーの移行で時間をかけたくない

を満たすサーバーは、現時点で見つけることが出来ていません。

wpXクラウドの運営が終了する前に、独自ドメイン+無料ブログへの移行を検討します。

最後に

今年もどんな相場になるかわかりませんが、市場から退場しないようにリスク許容額の範囲内で

  • 超低コスト国際分散長期投資
  • 子育て
  • ブログ(1日1本以上のペース)

を継続していきたいです。

本年もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク