<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

マネックス証券 海外ETF投資でオススメの証券会社 主要ネット証券の中で売買手数料は最安

2016年5月16日証券会社情報

証券会社

マネックス証券

“Money”の一歩先をいく、先進的な金融サービスがあります。

新鮮かつ質の高い投資情報、あらゆるニーズに応える多様な商品群、使いやすいユーザーインターフェイス、そして、万全のセキュリティシステム。

投資生活を、もっと豊かに。マネックス証券が資産運用を応援します。  

目次

スポンサーリンク

マネックス証券取り扱いの低コストインデックスファンドシリーズ

シリーズ 取り扱い マネックスポイント
iFree ×
たわらノーロード ×
ニッセイ購入・換金手数料なし ×
三井住友DC ×
EXE-i(エグゼアイ) ×
Funds-i
eシリーズ
eMaxis ×
SMT

※△は一部取り扱いまたは対象

マネックス証券取り扱いの直販ファンド

ファンド名 取り扱い
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド ×
セゾン資産形成の達人ファンド ×
ひふみプラス
コモンズ30ファンド
ザ・2020ビジョン

 

マネックス証券の積み立て投信の最低代金

1銘柄1,000円から

投信積立銀行引落サービス

手数料

無料

銀行の引落日

毎月7日の翌営業日(休業日の場合は翌営業日)

取り扱い金融機関

ゆうちょ銀行を含むすべての金融機関

マネックス証券のポイントプログラム概要

取引に応じてポイントが自動的にたまり、さまざまな特典と交換することができます。

投資信託保有時のポイント

毎月、その月の平均残高の1/12×0.08% 還元率は0.08%になります。

主要ネット証券と比較

投資信託保有時のポイント還元 主要ネット証券を比較

マネックス証券のマネックスポイントのその他の対象商品/サービス

対象商品/サービス 獲得ポイント
投資信託の購入 購入時申込手数料の1.5%
マネックスセゾンカード保有者は4.5%
株式の売買で 一日定額手数料コース × 日計り取引 日計り取引にかかった手数料の 片道分
株式の売買で 取引ごと手数料コース × 月間手数料30万円以上 月間の株式売買手数料の 半額分

 

 マネックス証券のマネックスポイントの使い道

必要ポイント 特典
1ポイントから 日本赤十字社へ寄付 1ポイント=5円
10ポイント Suica 50ポイント
10ポイント Tポイント 50ポイント
10ポイント nanacoポイント 50ポイント
20ポイント WAONポイント 100ポイント
50ポイント 株式売買手数料 250円
50ポイント 《セゾン》永久不滅ポイント 50ポイント
200ポイント ANA 250マイル
200ポイント JAL 250マイル

 

マネックス証券の国内ETF売買手数料と主要ネット証券との比較

約定代金 SBI証券 楽天証券 マネックス証券 カブドットコム証券
10万円まで 139円  139円 100円 90円
20万円まで 185円 185円 180円 180円
30万円まで 272円 272円 250円 250円
40万円まで 350円
50万円まで  450円
100万円まで 487円 487円 成行:1,000円 指値:1,500円 990円
150万円まで 582円 582円  成行:約定代金 ×0.1% 指値:約定代金 ×0.15% 1,890円
3,000万円まで 921円 921円 3,690円
3,000万円超 973円 973円

※2016年5月から、金額は税抜き、1注文の約定代金に対してのインターネット売買時の手数料 【業界屈指の手数料水準”100円~”に!】

国内株式手数料に応じて、マネックスポイントをプレゼント

取引ごと手数料コースで、月間手数料30万円以上の場合、月間の株式売買手数料の半額分がプレゼントされます。

NISA口座での国内株式売買手数料

国内株式(現物株式・ETF・ETN・REITを含みます)は売買代金にかかわらず、買付、売却ともに0円

※単元未満株取引は対象外

マネックス証券の米国ETF売買手数料と主要ネット証券との比較

口数 SBI証券 楽天証券 マネックス証券 カブドットコム証券
1,000口まで 25米ドル 25米ドル 約定代金の0.45% 最低手数料:5米ドル 手数料上限:20米ドル 取り扱いなし
1,000口以上 25米ドル+ 1株毎に2セント追加 25米ドル+ 1株毎に2セント追加

 

特定口座と円からの米国ETF直接購入とスプレッド

  SBI証券 楽天証券 マネックス証券 カブドットコム証券
特定口座 対応 対応 対応 取り扱いなし
直接購入 可能 可能 不可能
米ドルスプレッド 25銭 25銭 25銭

 

NISA口座での海外ETF(米国ETF、中国ETF、シンガポールETF)売買手数料

海外ETFの買付は買付代金に関わらず実質無料。

※買付時取引手数料をキャッシュバック

※海外ETFの売却手数料は対象外。

MONEX VIEW β(マネックス ビュー ベータ)」は、資産推移をわかりやすく表示

保有資産の推移を日次・月次・年次グラフやチャートで商品別、資産クラス別に表示することで、資産全体の動きから個別商品・個別銘柄の資産推移を簡単に確認することができます。

利用条件

マネックス証券の口座開設およびログイン

MONEX VIEW β(マネックス ビュー ベータ)で管理できる資産

マネックス証券で保有している

  • 国内株式
  • ETF
  • 投資信託
  • 債券
  • REIT
  • 預り金等

は自動で管理・記録されます。

パフォーマンスチャートビュー

上記各資産の保有比率や損益率などが自動で表示されます。

一人ひとりに合わせた資産設計をアドバイス「MONEX VISION β」

保有資産の詳細分析はもちろん、将来のリターン予測、追加購入のご提案など、最新の金融工学理論を駆使して、資産設計をサポートします。

利用条件

マネックス証券の口座開設・ログイン、無料

MONEX VISION βで出来ること

  1. 現在の資産状況をチェック
  2. 目標ごとに診断&アドバイス
  3. 予算に応じ追加購入も提案

MONEX VISION βの機能

  1. 現在のポートフォリオ・・・現在保有の資産を11種類の資産クラスに分類
  2. 目標ポートフォリオ・・・安定型・バランス型・積極型の中から選択
  3. ポートフォリオ分析・・・現在のポートフォリオと目標ポートフォリオを比較分析、今後に向けたアドバイスが
  4. 追加購入アドバイス・・・追加購入するなら何がオススメ?指定した予算に合わせて提案
  5. リスク・リターンの比較・・・負っているリスクと着たいリターンを分かりやすく視覚表示
  6. リターン予測・・・1年後、3年後、5年後のリターンをシミュレーション

保有資産の状況、目標とする資産運用の形にあわせて、資産設計に最適と考えられる情報が表示されます。

マネックス証券の即時(リアルタイム)入金対応金融機関

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • ゆうちょ銀行

マネックス証券の出金先金融機関の変更

ウェブサイト上で変更の手続きが完了できます。

変更入力時間 変更後口座に出金可能となる指示時間
月~金の 0:00~21:00 変更入力当日 21:00~
上記以外 変更入力の翌営業日 21:00~

出金手数料は無料です。

最後に

マネックス証券は

  1. 低コストインデックスファンドの充実
  2. 海外ETFの手数料が主要ネット証券の中で最も安く、銘柄も充実している
  3. 売買代金30万円までの国内ETFの売買手数料が安く、NISAで売買手数料無料
  4. 取引に応じたマネックスポイントの付与
  5. 投資に役立つ情報や分析ツールが充実

など、高機能なツールが無料で使え、初心者にも優しいネット証券です。 米国ETFで資産形成をしたいと考えている方はマネックス証券はベストな選択です。

スポンサーリンク