<--ウェブマスターツール-->

徹底的にこだわった結果! 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016 #foy2016

2017年1月16日投資

投票

2017年1月15日に『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016』が発表されました。

<関連記事>

スポンサーリンク






投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016

  • 有効総投票者数 139名 (前年:159名) 
  • 有効総ポイント 695

順位、ファンド名、年度ごとのFund of the Year順位

順位 ファンド名 ’15 ’14 ’13 ’12 ’11 ’10 ’09 ’08 ’07
10位 セゾン資産形成の達人ファンド 11 11 32 9
9位 <購入・換金手数料なし>
ニッセイTOPIXインデックスファンド
12
8位 世界経済インデックスファンド 8 7 12 27 29
7位 ひふみプラス 9 16 21 22
6位 ひふみ投信 5 6 5 5 4 16 9
5位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 4 3 8 11 8 7 6 3 1
4位 iFree 8資産バランスファンド
3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) 3 2 1 1 6 3 1
2位 たわらノーロード先進国株式
1位
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド
1 1

 

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが3連覇!!

146ポイントを獲得し、2位(55ポイント)とブッチギリの1位です。

先進国株式インデックスファンドの中で信託報酬が年0.20%(税抜)とアットコスト(適正なコスト)に近付いてきたからではないでしょうか。

インデックスファンドは徹底的にコストにこだわらないとダメなんです=1位じゃなければ意味が無いという勢いばりに、信託報酬を60%も少なくしました

昨年の11月にさらに信託報酬を下げるという投資信託業界の歴史に名を刻む快挙をなしとげたことが評価につながりました。  

バランスファンドが3本ランクイン

がランクインしました。

これまで常連だったeMAXIS バランス(8資産均等型)は信託報酬年0.50%(税抜)でした。
iFree 8資産バランスファンドは半分以下の信託報酬年0.23%(税抜)です。ここが評価されたのでしょう。

しかし現在の状況では低コストとは言えない、

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • セゾン資産形成の達人ファンド

がランクインしているのはコスト以外の面も投資家は重要視しているということでしょう。

私はバランスファンドでも株式100%または債券100%の新規設定を願っています。

ひふみシリーズが特別賞

日本を代表する株価指数であるTOPIXや日経平均は市場を100%カバーするわけではないので完璧な指数とは言えません。

完璧でないなら少しでも投資理念に共感が持てる、アクティブ投信にお金を預けたいという投資家心理が人気の理由なのかもしれません。

ひふみシリーズの3本は同じマザーファンドです。今年度のポイントを合算すると実質2位になります。そのために特別賞を受賞しました。

3ファンドの違いは以下のようになっています。

金融長官からのメッセージ

今回で10周年を迎える「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」に、金融庁長官 森信親氏からのメッセージが掲載されています。

投資による資産形成を普及させるために成功体験の必要性が述べられています。

歴代受賞ファンド

Fund of the Year 2位 有効投票者数
2007年 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド マネックス資産設計ファンド 20名
2008年 STAM グローバル株式インデックス・オープン (現:SMT グローバル株式インデックス) Vanguard Total Stock Market ETF(VTI) 27名
2009年 バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT) eMAXIS 新興国株式インデックス 45名
2010年 STAM グローバル株式インデックス・オープン (現:SMT グローバル株式インデックス) eMAXIS 新興国株式インデックス 59名
2011年 CMAM外国株式インデックスe (現:外国株式インデックスe) 結い 2101 57名
2012年 バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT) 外国株式インデックスe 64名
2013年 バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT) ニッセイ日経225インデックスファンド 83名
2014年
バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT)
115名
2015年
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
159名
2016年
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド
たわらノーロード先進国株式
139名
2017年
???
???
???

2007年から2016年の10年間の総合ランキング

順位 ファンド名
5位 ひふみ投信
4位 結い2101
3位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
2位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
1位
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは第1回目からの上位常連です。

バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF(VT)は商品コンセプト、保有コストは大変すばらしいです。あとは日本国内での売買手数料の低下および売買、税金関係の手続きがもっと簡潔になってほしいものです。

速報レポート

相互リンクさせていただいでいる、1億円を貯めてみよう!chapter2のすぱいくさんが中継レポートを書かれています

最後に

今回で10周年を迎えたFund of the year。

運営のみなさまお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

昨年よりも有効投票者数(投信ブロガー)が減りました。しかし金融長官からのメッセージなど投信ブロガーが選ぶ!Fund of the yearの存在感が大きくなっています。

2017年の株価が上昇するのか下落するのか分かりません。マーケットの変動に関係なく今後も投票者数が増え、このような個人投資家の声がファンド・ETFを取り巻く業界へ届く事を願います。

いつかは発表の場に参加したいです。

スポンサーリンク