三井住友・DC外国株式インデックスファンドS信託報酬引き下げ 2021.2.26から

ファンド

コスト

三井住友・DCシリーズを展開する 三井住友DSアセットマネジメントが、

  • 三井住友・DC外国株式インデックスファンドS

1本の信託報酬を引き下げる発表をしました。

2021年2月26日からの変更となります。

三井住友・DC外国株式インデックスファンドSは確定拠出年金専用ファンドです。

主として日本を除く世界各国の株式に投資し、ベンチマークであるMSCI-KOKUSAIインデックス(円ベース)と連動する投資成果を目指して運用しています。

スポンサーリンク






引き下げ後の信託報酬

ファンド名 変更前 変更後 変動幅
三井住友・DC外国株式インデックスファンドS 年0.16% 年0.14% -0.02

※税別、以下注記ない限り税別

情報ソース:「三井住友・DC外国株式インデックスファンドS」信託約款変更のお知らせ[PDF]

先進国株式 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
年0%
※2030年12月31日まで
年0.093%
年0.093%
SBI・先進国株式インデックス・ファンド/愛称:雪だるま(先進国株式)
年0.0965%
年0.0999%
三井住友・DC外国株式インデックスファンドS
年0.14%
年0.19%
iFree 外国株式インデックス
年0.19%

最後に

今回の信託報酬引き下げは、受益者の利益に資するため、ファンドの運⽤成果向上を⽬指すためです。

信託報酬引き下げの追随は素晴らしいです。

確定拠出年金の低コスト先進国株式インデックスファンドが、三井住友・DC外国株式インデックスファンドSの場合は嬉しいニュースです。

しかし、一般販売されているeMAXIS Slim 先進国株式インデックスよりも信託報酬が高いです。

アセットロケーションを十分に検討し、投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク