SBI証券 Ponta ポイントで投資信託の買い付けや投資信託の保有でポイントが貯まるように

証券会社

SBI債券

SBI証券が、ロイヤリティ マーケティングと提携し、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を導入します。

この提携により、

  1. 取引に応じて Ponta ポイントをためる
  2. 投資信託の買付代金に Ponta ポイントがつかえる

「Ponta ポイント投資」が可能となります。

2021 年 11 月スタートです。

スポンサーリンク






マルチポイントサービス

これまで SBI 証券では「Tポイント」を導入していましたが、

  1. ポイントを貯める
  2. ポイントを使う(ポイント投資)

といった場面で利用するポイントを

  • T ポイント
  • Ponta ポイント

から選択することが可能となります。

複数の共通ポイントを投資に使えるマルチポイントサービスは国内主要証券では初の取り組みとなります。

  従来のポイントサービス 新しいポイントサービス
貯まる T ポイント T ポイント
または
Ponta ポイント
使える T ポイント T ポイント
または
Ponta ポイント

なおPonta ポイントと T ポイントの付与率等は同水準のサービス内容となります。

利用するポイントは、メインポイント設定画面でいつでも変更可能となる予定です。

情報ソース:SBI 証券、「Ponta ポイント」導入のお知らせ~国内主要証券初となる複数の共通ポイントから選べるポイント投資サービス~ (PDF)

取引実績等に応じた Ponta ポイント加算(ポイントがたまる)

対象となる取引やサービスの利用により、Ponta ポイントがたまります。

国内株式現物取引
(国内株式手数料マイレージ)
スタンダードプラン及び現物 PTS 取引の月間手数料の 1.1%相当のポイント
投資信託取引
(投信マイレージ)
・対象投資信託の月間平均保有額 1,000 万円未満:年率 0.1%相当のポイント
・対象投資信託の月間平均保有額 1,000 万円以上:年率 0.2%相当のポイント
※一部のファンドは 0.1%未満の加算率となります。
金・プラチナ取引
(金・プラチナ・銀マイレージ)
スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の 1.0%相当のポイント
新規口座開設 一律 100 ポイント
国内株式入庫 1回の移管入庫につき 100 ポイント

「Ponta ポイント投資」(ポイントがつかえる)

概要 投資信託の買付代金に Ponta ポイントが利用可能
(買付代金の全額または一部)
対象サービス 金額指定の買付
※ 積立買付、口数買付、ジュニア NISA 口座における買付は対象外
ポイント利用単位 1 ポイント 1 円相当
・利用上限:なし
・利用下限:最低 1 ポイントから利用可能

注意点

ポイント利用時に Ponta ポイントと T ポイントを合算することはできません。利用が可能なポイントはメインポイント設定がされているポイントのみになります。

最後に

現在、SBI証券ではTポイント投資ができます。2021年11月以降はPonta ポイント投資を選択することも可能となります。

auカブコム証券が「Pontaポイント」がたまる資産形成プログラムを拡充して、ポイント付与対象銘柄を追加しました。

しかし今回のSBI証券のプレスリリースにより完全に優位性が失われました。SBI証券の方が、ポイント付与率が高くなるからです。

貯まったTポイントまたはPonta ポイントはポイントで投資をする、または下記のように用途に応じて有効利用しましょう。

  • T ポイント → ウエル活で、毎月20日はウエルシアで1.5倍分(33.33%オフ)のお買い物ができます
  • Ponta ポイント → PontaポイントからPontaポイント(au PAY マーケット限定)へのポイント増量交換キャンペーンが不定期で開催(最大2倍)

<SBI証券について更に詳しい記事はコチラ>SBI証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 さらに投信マイレージは還元率0.24%

 

スポンサーリンク