SBI証券 20~25歳の国内株式手数料 実質0円プログラムを開始

証券会社

フリー free

SBI証券は、ネット証券初の600万口座を達成しました。

このたび、さらなる顧客基盤の拡大を実現するべく、「ネオ証券化(手数料ゼロ化)」の推進を決定しました。

ネオ証券化とは、手数料ゼロ化:オンラインでの国内株式取引の手数料や現在投資家が負担している一部費用の無料化を図ることです。

スポンサーリンク






20~25歳現物手数料実質0円プログラム

20~25歳の国内株式現物手数料がキャッシュバックにより実質0円になるプログラムです(上限なし)。

開始日

2021/4/20(火)から適用

対象者・条件

インターネットコースの個人で20歳になる誕生月から26歳の誕生日を迎える月まで

既に口座を持っている方、本プログラム開始後に新たに口座を開設された方も対象となります

※月中に誕生日を迎えて26歳になった場合、当該月の月末までは本プログラムを適用されます。

特典

国内株式現物手数料を全額キャッシュバック

※キャッシュバックする手数料は、手数料にかかる消費税も加えた金額となります。

※インターネット経由の注文の手数料がキャッシュバック対象となります。

入金予定日

取引の翌月下旬頃に証券総合口座に入金(予定)

 

情報ソース:SBI証券 スマートフォンサイト|―口座開設ページ:ネット証券最大手の証券会社。オンライントレードでの投資をしっかりサポート―

対象外の取引

  • S株(単元未満株)の取引に係る手数料は本プログラムのキャッシュバック対象外です。
  • 本プログラム期間中の対象取引は、国内株式手数料をキャッシュバックするご紹介プログラム(2021/4/20(火)終了予定)の対象外となります。
  • 本プログラム期間中の対象取引は、国内株式手数料マイレージサービスの対象外となり、Tポイントが付与されません。
  • 本プログラム期間中の対象取引は、国内株式現物手数料が最大3ヵ月間実質0円!キャンペーンの対象外となります。
  • 電話による注文はキャッシュバックの対象外となります。

現金キャッシュバックの金額は雑所得となります。確定申告が必要となる場合があります。

未成年口座(0~19歳)の国内株式現物手数料実質無料

未成年口座の国内株式現物手数料を、月間1万円を上限として、キャッシュバックにより実質無料となります。

最後に

SBI証券で20~25歳現物手数料実質0円プログラムがスタートしました。

キャンペーンではないので、期間限定ではありません。

さらにSBI証券では対象となる顧客は段階的に広げ、2022年をめどに手数料の完全無料化を目指しています。

が今回の施策に対してどのように対抗するのでしょうか。

新しい情報が入り次第ブログでお伝えします。

<SBI証券について更に詳しく>SBI証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 さらに投信マイレージは還元率0.20%

 

 

 

 

 

スポンサーリンク