リクルートカードの利用で貯まるリクルートポイントがdポイントに交換できるように

ポイント・電子マネー

POINT ポイント

リクルートのサービスでdポイントがたまる・つかえるようになります。

dポイントに交換が出来るようになったことに伴い、ポイントルールが変更となります。

2021年5月24日スタートです。

スポンサーリンク






dポイントとは

NTTドコモが提供する、全国の加盟店やオンラインサービスで利用できる共通ポイントです。

ドコモユーザーに限らず、利用できます。

dポイントを連携してためる・つかうことができます

リクルートIDとdポイントを連携することで、dポイントをリクルートのサービスでたまる・つかえるポイント(メインのポイント)として選べます。

対象

dポイントの利用や加算は、5月24日以降にリクルートIDとdポイントを連携し、リクルートのサービスを利用した場合が対象です。

リクルートIDとdポイントを連携するには、dポイントカード(利用者情報登録済み)が必要です。

情報ソース:いよいよ5/24から!いつものリクルートのサービスでdポイントがたまる・つかえる! | リクルートID・ポイント公式サイト

ポイントルール変更

リクルートIDとPontaポイントを連携していない場合、5/24以降に加算されるポイントが「Pontaポイント」から「リクルートポイント」に変わります。

今までのポイントは引き続き利用可能

現在保有しているPontaポイントは今後もそのままつかえます。

すでにPontaポイントを連携済みの場合、引き続きPontaポイントをためる・つかうことが可能です。

Pontaポイントと条件は変わりません

「リクルートポイント」の有効期限や利用条件、利用できるサービスは、リクルートIDとPonta会員を連携していない方に加算されている「Pontaポイント」と変わりません。

その他のポイントと一緒に、リクルートのサービスで利用できます。

最後に

2021年5月24日から、リクルートIDとdポイントを連携することで、dポイントをリクルートのサービスでたまる・つかえるポイント(メインのポイント)として選べるようになります。

さらにリクルートIDにPontaポイント・dポイントの両方を連携した場合、たまる・つかえるポイント(メインのポイント)をいつでも変更できます。

<リクルートカードの詳細記事>還元率1.2% リクルートカードはnanacoチャージでポイントが貯まる | お金で自由を拡げ 不幸を避ける

スポンサーリンク