マネックス証券 <購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)を取り扱い開始

取り扱い開始

スタート start

マネックス証券が

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)

の取り扱いを開始しました。

スポンサーリンク






<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)のおさらい

ファンドの特色

国内株式、先進国株式(除く日本)、新興国株式への基本投資割合は、名目GDP(国内総生産)総額の比率に基づき決定します。

信託報酬

0.104%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

販売手数料

ありません

設定日

2020年6月29日

信託期間

無期限

<詳細記事>超低コスト  <購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)を2020.6.29設定

名目GDP(国内総生産)総額とMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスの比率を比較

項目 国内株式 先進国株式 新興国株式
名目GDP(国内総生産)総額 6.0% 54.0% 40.0%
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス 7.2% 81.5% 11.3%

名目GDP(国内総生産)総額の方が、先進国株式比率が少なく、新興国株式比率が多いです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)の投資対象とするマザーファンド

項目 マザーファンド
国内株式 TOPIX(東証株価指数)(配当込み)
先進国株式 MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)
新興国株式 MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円換算ベース)

各アセットクラスの比率は名目GDP(国内総生産)総額ですが、アセットクラス内の比率は時価総額比率となります。

最後に

マネックス証券が、

に続き

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)

の取り扱いを開始しました。

販売会社の追加は純資産額の増加につながりやすいです。

純資産額の増加はスケールメリットが働きファンドが資産を売買する際のコストが安くなります。

更に信託期間の途中でも運用が終了する「繰上償還」の可能性が低くなります。

マネックス証券などのネット証券で、取り扱いが増えたらブログでお伝えします。

<マネックス証券について更に詳しい記事はコチラ>マネックス証券 海外ETF投資でオススメの証券会社 主要ネット証券の中で売買手数料は最安

スポンサーリンク