低コストが魅力のインデックス投信

投資

YOMIURI ONLINE
低コストが魅力のインデックス投信

始めに 「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」の紹介をされた後に
インデックスファンドの説明
インデックス投資信託の純資産残高をランキングした結果、
インデックス投資信託のシリーズものの紹介になります。

スポンサーリンク






低コストインデックスファンド

ランキングを見てみるとやはり毎月分配型の純資産額の多さが
抜きんでている事がわかります。

インデックス投資信託のシリーズものの詳細表(pdf)

シリーズ合計の純資産額の順に掲載しています。
また、シリーズ内の投資信託も純資産順になっています。

STAMインデックス・シリーズ、eMAXIS、CMAMインデックスeは
1年を通して継続的に資金が流入している事がわかります。

「Funds-i 新興国債ヘッジ有り」は目新しいのでどうなっているのか

実質信託報酬も0.66%で抑えられているなと感じ、
気になりましたがあまり資金が入っていないのが驚きです。

 Funds-iが上手く資金が集まらないから、やーめた
 なんていうことを危惧しているのでしょうか。

全ての投資信託を足しても、10月中の資金増加額
(流入額から解約額を差し引いた純流入額)は18億円程度です。
1か月に数百億円も資金が増加する毎月決算型の投資信託と比べると、
コツコツ投資家がまだまだ少数派であることがよく分かる数字です。
もっと多くの方に、インデックス投資信託の便利さを
知っていただきたいと思います。

 という言葉で締めくくられています。

最後に

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べは各地に広まってますし
ブログなどのネットを通じてのセミナー、インタビュー、座談会なども
多く開催されていると思います。

こういったイベントを通して運用会社や販売会社に個人投資家の声を届け、
更に資産形成がしやすい環境を整えてくれることを願っています。

スポンサーリンク