Kyash 不正補償制度を開始

プリペイドカード・デビットカード

勉強 子ども

キャッシュバックいつでも1.0%+アルファのKyash(キャッシュ) Visaカードが資金移動業の登録を完了しました。

これまで、

  1. 決済時のプッシュ通知
  2. カードロック
  3. 利用場所や利用上限を自分でコントロールできる「カード設定」
  4. ICチップ付きカード発行

と様々な不正対策を実施してきました。

今般、資金移動サービス提供開始に伴い、本人確認アカウント向けの不正補償制度を開始します。

2020年9月7日からです。

スポンサーリンク






想定される不正利用のケース

  • 本人確認アカウントに関する情報が第三者に不正に取得(盗取、詐取等)され、悪意ある第三者により残高が不正利用された場合
  • カード及び金融機関口座に関する情報(本人確認アカウントに登録されているこれらの情報を含む)が第三者に不正に取得(盗取、詐取等)され、悪意ある第三者により残高が不正利用された場合

情報ソース:不正補償制度がはじまります – Kyash NEWS

補償対象のアカウント

「本人確認アカウント」が補償対象となります。

Kyash Cardが有効化が済んでいる方

補償対象

※銀行口座登録の有無は補償に影響はありません。

Kyash Card Liteを利用している方

銀行口座の登録による本人確認が完了 補償対象
銀行口座の登録による本人確認が未完了 補償対象外

Kyash Card Virtualを利用している方

銀行口座の登録による本人確認が完了 補償対象
銀行口座の登録による本人確認が未完了 補償対象外

補償対象外となるケース

以下に該当する場合は補償の対象となりません。

  1. 不正利用による損害の発生から10日を経過している補償申請
  2. Kyash会員の故意もしくは重過失、又は法令違反に起因する不正利用
  3. Kyash会員が行った不正利用(第三者に強要されて行った不正利用含む)
  4. Kyash会員の家族、近親者、同居人、Kyash会員の依頼(家族、近親者等による依頼含む)を受けて介護、世話等をする者、Kyash会員の承諾等を得て本サービス等を利用する者が行った不正利用
  5. Kyash会員が本規約、その他当社の定めに違反している場合
  6. 不正利用の申告、請求の内容について、全部もしくは一部が虚偽、又はその疑いがある場合
  7. Kyash会員が不正利用に関係している又はその疑いがある場合
  8. 前回の補償から1年以内の補償申請である場合
  9. 損害の発生及びその拡大の防止努力をしない場合、損害調査への協力をしない場合
  10. 戦争、災害、疫病、地震等、社会的混乱の際に生じた不正利用
  11. その他Kyash社が不適当と判断する場合

補償申請方法

  1. アプリ内のお問い合わせより進んでいただき、「11.その他」のお問い合わせ種別を選択ください
  2. 本文に「不正利用の補償申請」と記入してください
  3. 続けて必要事項を記入してください

Kyash(キャッシュ) Visaカードの概要

  • チャージ利用できる、プリペイド式のVisaカードです。
  • 国内外のVisa加盟店で利用できるカードです。
  • カードとアプリは連動しながら、決済や送金、履歴確認などが出来ます
  • クレジットカード、デビットカードを複数枚をリンクさせチャージすることができます。
  • 自動チャージ機能で、手間いらずでチャージが可能です。

さらに

  1. 驚異のキャッシュバック1.0%
  2. クレジットカードからチャージでは、キャッシュバック1.0%に加えてクレジットカードのポイント(還元率1.5%)も付与
  3. 決済金額の1%(一部除く)のポイントがリアルタイムに付与され、1ポイントからすぐに使えます
  4. ネットショッピングの支払いにも利用できる
  5. 入会費・年会費無料

となります。

<詳細記事>キャッシュバックいつでも1.0%+アルファ! Kyash(キャッシュ) Visaカード メリット・デメリットまとめ

最後に

Kyash(キャッシュ) が、資金移動業の登録を完了しました。

これにより2020年9月7日から、不正利用により損害を被った場合、その損害を補償されます。

補償を受けるには、Kyash社所定の方式に従い補償申請を行う必要があります。

今後はVisa Secure(旧名称:VISA認証サービス)の対応を希望します。

スポンサーリンク