最高還元率クレジットカード 3つのポイントから選ぶ 2018年版

クレジットカード

最高還元率クレジットカード選びのポイントは3つあります。

  1. 年間決済額・・・年間決済額が少ない場合、年間獲得ポイントが少ないです。 多くのカード会社では、ポイントの有効期限を最大2年間に設定しているので景品と交換するのに必要なポイントが高めに設定されていると、必要ポイント数に到達せずせっかく貯めたポイントを無駄にしてしまう事も考えられます。また、たとえ高還元率でも年会費有料のカードでは、還元分と年会費で相殺されてしまいます。下手したらマイナスになってしまう場合もあります。
  2. 家族カードの有無・・・家族がいる場合 夫と妻で1枚ずつクレジットカードを発行するよりも 家族カードを発行して利用した方が利用金額・獲得ポイントが合算され ポイント獲得ロスが少なくなります。
  3. 付与ポイントの使用用途・・・付与ポイントの主な交換先は商品券でしたが、現在は現金キャッシュバック、Pontaポイントへの交換など多種多様です。高還元率でも交換先ポイントが使用予定のないものでは意味がありません。

以上を踏まえてポイントを無駄にしないクレジットカード選びが大切です。

では、どんなカードがあるのでしょうか。

現在、新規申込ができるクレジットカードをまとめました。

よって還元率は2.0%ですが、現在新規申し込み受付停止中のリクルートカードプラスは対象外です。

スポンサーリンク






2018年に還元率の変更および新規申込受付停止、改悪されたクレジットカード

2018年も様々なクレジットカードが改悪されました。

年間決済額毎の最高還元率クレジットカード

年間決済額 最も還元率が高いカード 還元率
年6万円未満 楽天カード

P-one Standard

P-one Wiz

Yahoo! JAPANカード

Booking.comカードなどの年会費無料、1%還元カード

またはリクルートカード

1.00%
1.20%
年6~49万円 三井住友VISAカードエブリプラス

DCカード Jizile(ジザイル)

P-one Wiz

1.50%
年50~99万円 三井住友VISAカードエブリプラス 1.63%~1.64%
年100万円以上 三井住友VISAカードエブリプラス 1.71%~1.72%

※2018年12月現在

三井住友VISAカードエブリプラスは基本還元率1.50%です。

加えて前年度の支払い累計金額によってボーナスポイントがプレゼントされるので、年間利用金額50万円以上でトップとなりました。

対象カード

あくまで還元率にこだわったカードです。

付帯保険やコンシェルジュなどのサービス、ETCカードの有無、提携ショッピングモールでのネットショッピングは考慮していません。 マイルが貯まるカードについては取り上げません。

カードフェイスも気にしません。

最高還元率1.5%+αカード 概要

カード名 三井住友VISAカード
エブリプラス
国際ブランド VISAのみ
家族カード
年会費 永久無料
年会費無料条件
ポイント付与条件 1,000円で1p、 1p=5円
還元率、方法 1.50%+α

「電子マネーiD」キャッシュバック、楽天スーパーポイントなど

特徴 リボ払い手数料が発生した月はポイント3倍(通常ポイント+2倍分のポイント)

毎月ローソンのLoppiで残金を109円にすればリボ払い手数料1円で還元率1.5%

買物累計額に応じてボーナスポイント

 最高還元率1.5%カード 概要

カード名 DCカード
Jizile(ジザイル)
P-one Wiz
国際ブランド Visa/MasterCard Visa/MasterCard/JCB
家族カード
年会費 永久無料 永久無料
年会費無料条件
ポイント付与条件 1,000円で3p、 1p=5円 1,000円で1p、 1p=1円
還元率、方法 1.50%

三菱UFJニコスカード、楽天スーパーポイントなど

請求額1%OFF + ポケットポイント付与(還元率0.5%) =1.5%

100ポイントで500T-pointなど

特徴 リボ払い専用カードだが、設定支払額内であれば手数料0円 2016年11月6日にnanacoチャージで1%offおよびポイント付与終了

年会費無料の1.2%還元カード 概要

カード名 リクルートカード
国際ブランド VISA、JCB
家族カード
年会費 永久無料
備考 月間利用額の合計×1.2%(小数点以下切り捨て)

リクルートポイント 1ポイント → Pontaポイント1ポイントで交換可能

JCBブランドはnanacoカードにクレジットチャージすれば、間接的に税金の支払いが可能

ただし、利用金額の合算で月間30,000円までが、ポイント加算の対象

年会費無料の1.0%還元カード 概要

カード名 楽天カード P-one Standard
国際ブランド JCB、VISA、Master Masterのみ
家族カード ○ 永久無料 ○ 200円+税
年会費 永久無料 永久無料
備考 100円で1ポイント=1円分の 楽天スーパーポイントが付与

nanacoカードへのクレジットチャージ対象外に

利用代金を楽天スーパーポイントで支払い可能

請求時自動的に1%OFF

 

カード名 Yahoo! JAPANカード Booking.comカード
国際ブランド JCB、VISA、Master VISAのみ
家族カード ○ 永久無料 発行不可
年会費 永久無料 永久無料
備考 100円=1Tポイントが付与

nanacoカードへのクレジットチャージ対象

請求時自動的に1%OFF

Booking.comカード専用サイト予約経由で、現地でooking.comカードで支払いした場合、さらに宿泊料金ポイントをプレゼント

年間決済額と付与ポイントの使用用途まとめ

年間決済額 6万円未満
楽天カード
P-one Standard
P-one Wiz
Yahoo! JAPANカード
Booking.comカード
などの年会費無料、還元率1.0%カードまたは還元率1.2%のリクルートカード
年間決済額 6万円~29万円
and
毎月の支払額は5万円以下
DCカードJizile(ジザイル)
年間決済額 6万円~
and
毎月ローソンに行ける
三井住友VISAカードエブリプラス

 

nanacoチャージによるポイント付与

名称 nanacoチャージによる
ポイント付与および還元率
三井住友VISAカードエブリプラス ×
P-one Wiz ×
DCカードJizile(ジザイル) ×
リクルートカード ○ 1.2%
利用金額の合算で月間30,000円までが、ポイント加算の対象
P-one Standard ×
楽天カード ×
Yahoo! JAPANカード ○ 0.5%
2018年2月28日より1.0%から改悪
Booking.comカード ×

<その他nanacoチャージで高還元率クレジットカードについてはコチラ>税金の支払いでもポイントが付く!nanacoでお得にクレジットカードチャージ

還元率だけにこだわるなら

キャッシュバックいつでも2.0%+アルファ! Kyash(キャッシュ) Visaカードがおすすめです。

キャッシュバック率

いつでも2.0%

キャッシュバック方法

当月分の支払い金額に対して2%を翌月末までにKyash残高にキャッシュバック

入会費と年会費は無料

Kyash(キャッシュ) Visaカードは発行手数料や入会費、年会費は無料0円です。

2年目以降の利用も無料0円です。

ネットショッピングでも支払い可能

国内外のVISA加盟店約3,850万店舗で利用できます。

実店舗で利用するには支払いの際に何も言わず店員にKyash(キャッシュ) Visaカードを出しましょう。支払い回数を聞かれたら「一括払いで」と言いましょう。クレジットカードと同じです。

実店舗だけでなく、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどネットショッピングでも利用できます。

クレジットカードチャージ

クレジットカードからチャージでは、キャッシュバック2.0%に加えてクレジットカードのポイント(還元率1.5%)も付与されます。

最もおススメです。

Kyash(キャッシュ) Visaカードについて更に詳しく

LINE Pay(ラインペイ)から乗り換え キャッシュバックいつでも2.0%+アルファ! Kyash(キャッシュ) Visaカード メリット・デメリットまとめ

最後に

クレジットカードは、借金です。

しかし使い方次第では現金払いよりずっとお得です。使いこなせば、ポイントを効率よく貯めることができ、ちょっとしたヘソクリになります。

自身のライフスタイルにピッタリなクレジットカードを見つけて、お得で楽しい節約ライフを送りましょう。

スポンサーリンク