iFreeNEXTシリーズ NASDAQ 次世代 50ファンドを2021.1.13新規設定

ファンド

アメリカ国旗

iFreeNEXT NASDAQ 次世代 50を、大和証券投資信託委託が新規に設定します。

低コストではありませんが、なかなか興味深いファンドです。

スポンサーリンク






iFreeNEXT NASDAQ 次世代 50の概要

ベンチマーク

NASDAQ Q-50指数(円ベース)

信託報酬

年0.45%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

販売手数料

販売会社が別に定める

設定日

2021年1月13日

信託期間

無期限

当初販売会社

情報ソース:新ファンドのお知らせ【iFreeNEXT NASDAQ 次世代50】

NASDAQ Q-50指数とは

  • NASDAQ Q-50指数は、将来的にNASDAQ-100指数への組み入れが見込まれる企業のパフォーマンスを追跡するために設計された時価総額加重型の株価指数です。
  • NASDAQ Q-50指数は、時価総額でランク付けされた50社の株式で構成されており、コンピュータ・ハードウェアおよびソフトウェア、電気通信、小売/卸売業、バイオテクノロジーなどの業種グループの企業を反映します。
  • 銀行や投資会社を含む金融会社の有価証券はNASDAQ-100指数に含まれないため当該指数にも含まれません。
  • NASDAQ Q-50指数は2007年10月10日に150を基準値としてスタートしました。

NASDAQ Q-50指数をベンチマークとするETF、インデックスファンド

ありません

iFreeNEXTシリーズ

名称 信託報酬(税抜)
iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス 年0.725%
iFreeNEXT FANG+インデックス 年0.705%
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 年0.45%
iFreeNEXT 日本小型株インデックス 年0.40%

最後に

iFreeNEXTシリーズに「iFreeNEXT NASDAQ 次世代 50」が新規設定されます。

NASDAQのコンピュータ・ハードウェアおよびソフトウェア、電気通信、小売/卸売業、バイオテクノロジーなどの業種グループの企業を反映します。銀行や投資会社を含む金融会社は含まれません。

投資する場合は、資産形成の核ではなくサテライトとして利用したほうが良いでしょう。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク