ジャパンネット銀行 「PayPay銀行」へ商号変更

銀行

paypay ペイペイ スマホ決済

ジャパンネット銀行が、「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」への商号変更を決定しました。

スポンサーリンク






変更の理由

スマホ決済サービス「PayPay」は、累計ユーザー数3,000万人(2020年6月時点)を突破するなど、多くのユーザーが日常的に使うサービスへと急速に成長しています。

ジャパンネット銀行は、グループ全体での「シナリオ金融構想」のもと、PayPayブランド推進の一環として、PayPayブランドを冠した商号に変更します。

新商号

PayPay銀行株式会社(英文名: PayPay Bank Corporation)

変更予定日

未定(2021年度上期を予定)

情報ソース:「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」への商号変更を決定|ジャパンネット銀行

JNBスタープログラム

JNBスターは、対象のキャンペーンや提携サービスの利用・申し込みで獲得でき、「1JNBスター=1円」で交換できるサービスです。

JNBスタープログラム|ジャパンネット銀行

ざっくりまとめると

  • キャンペーンや提携サービスの利用・申込で獲得
  • 有効期限は、獲得した月の翌月から1年間
  • 「1JNBスター=1円」で即時に口座へ入金

PayPay銀行への商号変更で、サービスがどのように変更されるのか楽しみです。

Zホールディングスの金融サービスの統合一覧

今回のジャパンネット銀行の商号変更は、ヤフーを傘下に持つZホールディングス、およびZフィナンシャルが7月31日、Zホールディングスの傘下、または同社が出資する金融事業会社6社の社名、およびサービス名を2020年の秋以降に「PayPay」ブランドに統一する一環です。

現サービス名 新サービス名
Yahoo!JAPANカード

PayPayカード

Yahoo!JAPANカード(継続)

ジャパンネット銀行 PayPay銀行
One Tap BUY PayPay証券
Yahoo!保険 PayPay保険
YJFX! PayPay FX
Yjam PayPay投信

最後に

「PayPay」との連携を強化し、「PayPay」が掲げるユーザーの生活をもっと豊かで便利にする「スーパーアプリ化」構想の実現に向け、「PayPay」アプリにおいてZHDグループの金融サービスの提供を拡充していく予定です。

ブランド統一にあわせ各種キャンペーンを順次実施する予定です。

新しい情報が入り次第、ブログでお伝えします。

スポンサーリンク