<--ウェブマスターツール-->

最低水準の運用コストを目指すeMAXIS Slimシリーズ 大手証券が一般発売

ファンド

good

SMBC日興証券がeMAXIS Slimシリーズの一部ファンドの取り扱いを、開始しました。

超超・低コストです。

スポンサーリンク






取り扱いeMAXIS Slimファンド

ファンド名 信託報酬
eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) 年0.159%
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 年0.159%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 年0.1095%
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 年0.190%
eMAXIS Slim 国内債券インデックス 年0.139%
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 年0.170%
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 年0.142%
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 年0.142%
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 年0.160%

※税別、以下注記ない限り税別

対象

ダイレクトコースの方で、日興イージートレードのみです。

総合コースの方は、投信つみたてプランのみ。

情報ソース

【ダイレクトコース限定】eMAXIS Slimシリーズなど10本のファンドを取扱開始!│お客様へのお知らせ│SMBC日興証券

eMAXISシリーズは「新規買付」および「投信つみたてプランの新規プラン設定」を停止

「eMAXISシリーズ」のうち8ファンドが、取扱いを開始する「eMAXIS Slimシリーズ」と同一の投資対象となります。

当該8ファンドは、「eMAXIS Slimシリーズ」と比べ、保有コストである信託報酬が高いため、「新規買付」および「投信つみたてプランの新規プラン設定」が停止されます。

注意点

「eMAXISシリーズ」のファンドを換金し、「eMAXIS Slimシリーズ」の投資対象が同じファンドを買付すると信託報酬は軽減されます(買付されるファンドの買付時の手数料も無料)。

しかしながら、換金されるファンドにおいて、信託財産留保額がかかる場合や、利益が生じている場合には換金時に税金がかかります。

最後に

販売会社の追加は純資産額の増加につながりやすいです。純資産額の増加はスケールメリットが働きファンドが資産を売買する際のコストが安くなります。

更に信託期間の途中でも運用が終了する「繰上償還」の可能性が低くなります。

スポンサーリンク