<--ウェブマスターツール-->

SBI証券が住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを開始

2012年10月7日銀行

USドル

SBI証券住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを開始しました。

外貨入出金サービス
外貨入出金サービス

 

スポンサーリンク






外貨入出金サービスのポイント

住信SBIネット銀行からSBI証券への入金も、
SBI証券から住信SBIネット銀行への出金も
手数料は無料です。

SBI証券
楽天証券
マネックス証券
カブドット
コム証券
松井証券
外貨での入出金
×
×
入金手数料
無料
有料
一部無料
出金手数料
無料
有料
有料
入出金手続き
インターネット
銀行窓口・
コールセンター
銀行窓口・
コールセンター
取扱通貨
7通貨
5通貨
2通貨
(FX証拠金のみ)

※ 2012/10/5現在

入金サービス詳細
出金サービス詳細

 

対象通貨

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 豪ドル
  • NZドル
  • カナダドル
  • 南ア・ランド
  • 香港ドル

利用条件

住信SBIネット銀行の外貨口座及び当社外貨建口座を保有されているお客様

入出金は振込手数料無料!手続きはインターネット上の操作のみ!
入金は買付余力へ即時反映されますので、外国株式や外貨建債券、外貨建MMFなど
豊富な外貨建商品をすぐにお取引できます。

* * *

住信SBIネット銀行で約定した米ドル外貨預金を無料でSBI証券へ入金が出来る。
買付余力に即時に反映され、しかも為替手数料(スプレッド)の節約にも!
海外ETF(米国ETF)にリレー投資する際に便利なサービスが始まったと思いきや
そうでもありません。

FXサービスを使った裏技

SBI証券にはSBI FX αというFXサービスもあります。

金融機関 1米ドルあたりの
為替手数料(スプレッド)
取引単位
住信SBIネット銀行 9銭 1セント以上1セント単位
SBI FX α 1銭 1万米ドル以上1万米ドル単位

※ 2012/10/5現在

SBI証券で1万米ドル(≒80万円)以上を海外ETF(米国ETF)にリレー投資するなら、
住信SBIネット銀行よりもSBI FX αの方が為替手数料(スプレッド)を節約できます。

SBI FX αを用いた海外ETF(米国ETF)にリレー投資の取引方法は下記を
ご覧ください。
12年1月のリレーの約定結果 中田たろうの投資日記

とても高い資産運用の連続性です。

まとめ

海外ETF(米国ETF)にリレー投資で為替手数料(スプレッド)を節約する場合、

  • 1万米ドル以上1万米ドル単位であれば SBI FX α
  • 1万米ドル未満の場合は住信SBIネット銀行

を利用した方がいいでしょう。

1万米ドル単位では海外ETF(米国ETF)を購入後、SBI証券の米ドル買付余力が
何百ドルと余りそうな時は投資効率が悪いので、2つのあわせ技もいいかもしれません。

投資は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク