<--ウェブマスターツール-->

朗報! SBI証券 2015年12月25日(予定)に海外ETF・外国株式の特定口座対応!

2015年8月14日証券会社

朗報! SBI証券 2015年12月25日(予定)に外国株式の特定口座対応!

SBI証券

2015年12月25日国内約定日(予定)より、外国株式を特定口座にて取引できるよう対応されます。

SBI証券取扱いの9ヶ国(米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)の外国株式と海外ETFのすべてが特定口座内で取引できるようになり、煩雑な確定申告や納税手続きの負担が軽減できるようになります。

スポンサーリンク






特定口座とは

特定口座では、自身で譲渡損益や為替の計算作業などをすることなく、簡易に確定申告を行うことができます。

また、所得税・住民税をSBI証券が源泉徴収して投資家に代わって納付することで、確定申告を不要とすることも可能です。

外国株式における特定口座対応(予定)のお知らせより

他社からの移管について

他社からSBI証券の外国株式特定口座へ移管(入庫)できるのは、

  1. SBI証券が特定口座対応後
  2. 他社で特定口座で預りの銘柄
  3. SBI証券で特定口座を開設されている

場合に限ります。

SBI証券で保有してる一般預かりの外国株式

SBI証券が特定口座対応後に特定預りへ変更することはできません。

海外ETFが特定口座に対応している主要ネット証券

 

 

最後に

SBI証券では2015年3月に2015年内に外国株式特定口座対応予定とプレスリリースされていました。
ここに来てようやく、2015年12月25日国内約定日(予定)とあり、予定日が決まり安心しました。

特定口座に対応したことにより、海外ETFと国内株式等と損益通算が行われ確定申告のめんどくささから解放されます。

ただ、確定申告を全くしなくてもいいワケではありません。

海外ETF(米国ETF)の分配金は現地と日本で二重課税されているので、この税金が一部戻ってくる場合がある「外国税額控除」という制度を利用するには確定申告をしなければなりません。
 
しかしながら、今回の特定口座対応は投資家が待ちに待った投資インフラです。
特にSBI証券は待ちわびていた方は多いのではないでしょうか。

海外ETFの特定口座対応という投資家の長年の望みが現実になっています。

今後は米国で開始されているDRIP(Dividend Re Investment Program)と呼ばれる配当金再投資制度の実現を希望するとともに、機会があれば積極的にネット証券へ要望を伝えます。

スポンサーリンク