<--ウェブマスターツール-->

Tポイント投資が出来る「SBIネオモバイル証券」2019年春に営業スタート

証券会社

SBI債券

SBI証券とCCCマーケティングが、金融事業における資本業務提携契約を締結し、合弁会社を設立しました。

その名も「SBIネオモバイル証券」です。

スポンサーリンク






SBIネオモバイル証券の概要

会社名:株式会社SBIネオモバイル証券

所在地:東京都港区六本木1-6-1

代表者:代表取締役社長 小川 裕之

資本金・資本準備金:30億円

株主:SBI証券、CCCマーケティング

会社設立日:2018年10月30日

営業開始日:2019年春(予定)

情報ソース:SBIネオモバイル証券

サービス概要

  • 取引に応じたTポイントの付与
  • Tポイントを使った金融商品の購入「Tポイント投資」
  • スマートフォンだけで完結する取引環境
  • 格安な手数料体系
  • Tカードの購買データを活用した独自の投資情報

取扱商品

  • 国内株
  • ロボアドバイザー(WealthNavi)

SBI証券もTポイント導入?

SBI証券のプレスリリースには

SBI証券のお客さまにも、Tポイントの付与や「Tポイント投資」サービスを提供する予定です。

とあります。

情報ソース:SBI証券|SBI証券とCCCマーケティング、資本業務提携契約に関するお知らせ

SBI証券では、取引に応じてSBIポイントを付与するサービスを提供中です。

<参考記事>SBI証券の投信マイレージサービスでもらえるSBIポイントを現金よりもお得(交換レート100%)に交換する方法

SBIポイントの代わりにTポイントとなるのか。並存するのか、詳細が分かり次第ブログでお伝えします。

最後に

丸井(OIOI)グループがtsumiki証券を設立したり、

既存の証券会社によるポイントプログラム

  1. 楽天証券 投信積立額の1%にポイントが付与
  2. 松井証券 ポイントプログラム導入 ポイントは投資信託の積立やAmazonギフト券などに交換可能 

運用会社によるポイントプログラム

Walletポイント還元サービスの詳細判明!auスマート・ベーシック(安定・安定成長)とauスマート・プライム(成長・高成長)

など、新しい動きが活発です。

現在のニーズは、オンライン総合証券から、スマホですべて完結できるスマホ証券へ、移り変わっています。

これまでの投資家のすそ野を広げるべく、ポイントを貯め投資するプログラムの提供など、各金融機関がサービスにしのぎを削っています。

「SBIネオモバイル証券」、SBI証券

  • Tポイントの付与
  • Tポイントを使った金融商品の購入「Tポイント投資」

は、

  1. どの取引で付与されるのか
  2. どのぐらいの付与率か
  3. Tポイントで投資できる商品はどれか
  4. 期間固定Tポイントは利用できるか

など、詳細が判明次第ブログでお伝えします。

スポンサーリンク