<--ウェブマスターツール-->

楽天証券の個人型DC 商品ラインアップ第二弾を発表さらに手数料無料条件の残高基準が10万円に変更

確定拠出年金(iDeCo)

good

楽天証券

個人型DCの商品ラインナップ第二弾が発表され、個人型確定拠出年金にて取り扱う商品がすべて出揃いました。

<第一弾について更に詳しい記事はコチラ>楽天証券の個人型DC 商品ラインアップ第一弾を発表

スポンサーリンク






楽天証券の個人型DC 投資信託(全ラインアップ)

分類 名称
[運用会社名]
インデックス 信託報酬
(税抜)
国内株式 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
[三井住友アセットマネジメント]
0.19%
たわらノーロード 日経225
[DIAMアセットマネジメント] ◆個人型DC初
0.20%
iTrust日本株式
[ピクテ投信投資顧問] ◆個人型DC初
0.89%
MHAM日本成長株ファンド<DC年金>
[みずほ投信投資顧問]
1.55%
フィデリティ・日本成長株・ファンド
[フィデリティ投信]
1.53%
国内債券 たわらノーロード 国内債券   <今回追加発表>
[DIAMアセットマネジメント]
0.15%
明治安田DC日本債券オープン
[明治安田アセットマネジメント]
0.60%
国内REIT 三井住友・DC日本リートインデックスファンド
[三井住友アセットマネジメント]
0.26%
野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)
[野村アセットマネジメント]
0.95%
海外株式 たわらノーロード 先進国株式   <今回追加発表>
[DIAMアセットマネジメント]
0.225%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
[日興アセットマネジメント]
0.55%
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け)
[ラッセル・インベストメント]
1.35%
iTrust世界株式
[ピクテ投信投資顧問] ◆個人型DC初
0.89%
海外債券 たわらノーロード 先進国債券   <今回追加発表>
[DIAMアセットマネジメント]
0.20%
たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり)   <今回追加発表>
[DIAMアセットマネジメント]
0.20%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型)
[日興アセットマネジメント]
0.52%
みずほUSハイイールドファンド<DC年金>
[みずほ投信投資顧問]
1.40%
海外REIT 三井住友・DC外国リートインデックスファンド
[三井住友アセットマネジメント]
0.28%
国内外株式 セゾン資産形成の達人ファンド
[セゾン投信] ◆個人型DC初
0.54%
コモディティ ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
[ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ] ◆個人型DC初
0.45%
バランス型 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
[セゾン投信] ◆個人型DC初
0.47%
三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型)
[三井住友アセットマネジメント]
0.82%
三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN)
[三菱UFJ国際投信]
0.60%
投資のソムリエ<DC年金>
[DIAMアセットマネジメント]
1.10%
ターゲットイヤー 楽天ターゲットイヤー2030
[楽天投信投資顧問]
0.849%
楽天ターゲットイヤー2040
[楽天投信投資顧問]
0.858%
楽天ターゲットイヤー2050
[楽天投信投資顧問]
0.858%

※黄色塗りつぶし箇所が今回追加ファンド

 

参照:商品ラインアップ第2弾発表、さらに手数料無料条件の残高基準を10万円に変更 | 楽天証券

 

超低コストなインデックスファンド

各アセットクラスで超低コストなインデックスファンドが選択できます。

ファンド 信託報酬
(税抜き)
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.19%
たわらノーロード 先進国株式 0.225%
たわらノーロード 国内債券 0.15%
たわらノーロード 先進国債券 0.20%
三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.26%
三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.28%

新興国株式クラスはインデックスファンド海外新興国(エマージング)株式で、信託報酬0.550%(税抜)なのが少し残念です。

さらに口座管理料の手数料無料条件が「資産残高10万円以上」へ

「口座管理手数料無料プログラム」としてこれまでは資産残高20万円以上で月々にかかる口座管理手数料が無料でした。

しかし、資産残高10万円以上で無料に改善されました。

最後に

これで楽天証券の個人型確定拠出年金にて取り扱う商品がすべて出揃いました。

  • 超低コストなインデックスファンド
  • 資産残高10万円以上で口座管理手数料が無料

と既存の個人型DC取り扱い金融機関の中では一歩抜きんでています。

現状では新たに個人型DCを選択するならば楽天証券一択でしょう。

他社が楽天証券に対抗してどのようなサービスの拡充・改善するのか新しい情報が入り次第ブログでお伝えします。

<楽天証券の個人型DCについて更に詳しい記事はコチラ>楽天証券 ついに個人型確定拠出年金スタート 条件を満たせば口座管理手数料が無料に

スポンサーリンク