<--ウェブマスターツール-->

三井住友DCファンド 信託報酬引き下げおよび名称変更

ファンド

コスト

低コストな三井住友DCファンドの信託報酬引き下げおよび名称変更されます。

三井住友DCファンドは名称にDCが入っているため確定拠出年金専用と思いそうですが、一部のファンドは一般で購入できます。

スポンサーリンク






「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」信託報酬引き下げ

変更前 変更後 変動幅
年0.19% 年0.16% -0.03%

名称変更

変更前 変更後
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド

情報ソース

国内株式(TOPIX連動) 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
年0.160%
年0.169%
年0.17%
たわらノーロード TOPIX 年0.17%
iFree TOPIXインデックス 年0.17%

 最後に

三井住友DCファンドが信託報酬引き下げおよびファンド名称の変更をしました。

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドは一般発売されているファンドの中で最も信託報酬が低いです。

2018年1月からスタートする「つみたてNISA」を見越しての信託報酬引き下げです。

コストが低いからと言ってすぐに乗り換えた場合、状況によってはコスト差の恩恵以上に売却益にかかる税金が支払うこともあります。

運用報告書で実質コストを確認してからでも、長い運用期間を考えると遅くはないかもしれません。

投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク