<--ウェブマスターツール-->

松井証券 定期入金サービスを開始 都市銀行、地方銀行、ネットバンクなど全国100以上に対応

証券会社

お金 マネー

松井証券が、「定期入金」サービスを開始します。

「定期入金」サービスは、指定の銀行口座から、毎月自動的に一定額を引き落としする入金方法です。

初回設定を行えば、その後の入金の手間を省くことができます。

スポンサーリンク






定期入金サービス概要

手数料

無料

入金金額

1万円以上1億円未満、1円単位

反映タイミング

月に1回

※銀行口座から、毎月27日(休業日の場合は翌営業日)に引き落とし

※ネットストック口座への反映は、引落日の5営業日後

利用可能金融機関

都市銀行、地方銀行、ネットバンクなど全国100以上

対応画面

  • パソコン向け会員画面
  • 携帯端末向け会員画面(スマートフォンからアクセスした場合のみ受付)
  • 株touch

振替口座の登録

初回利用時に登録手続きが必要。その後は毎月自動的に引き落とし

口座登録・変更の受付時間

受付時間は06:00~翌02:00、03:00~05:30です。

引落しに利用する金融機関の口座登録は、引落日の8営業日前までに登録。

引落月の10日までを目途に登録を推奨。定期入金の利用時間内であっても各金融機関のサービス利用時間外の場合、定期入金サービスは利用できません。

情報ソース

投信積立に最適、定期入金サービスがスタート!余力情報の表示も改善します | 松井証券

「定期入金」サービスの利用方法

ネットストック会員画面から「定期入金」画面へ遷移する

  1. 「口座管理」を押す。
  2. 「定期入金」を押す。
  3. 規約に同意のうえ、チェックする。
  4. 取引暗証番号を入力する。
  5. 「次へ」を押す。

毎月の引落金額を入力する

  1. 引落金額を入力する。
  2. 「次へ」を押す。

金融機関の画面から、銀行口座の登録手続きを行う

登録状況を確認する

  1. 「登録状況の確認」を押す。
  2. 登録状況に間違いが無いか確認する。

自動的に毎月27日に引き落としされ、5営業日後にネットストック口座に反映されます。

定期入金の利用可能金融機関

以下の金融機関で、定期入金が利用できます。(2018/10/1時点)

都市銀行、ゆうちょ銀行

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

ネットバンク

その他に地方銀行、信用金庫、労働金庫に対応。

定期入金の利用可能金融機関一覧 | 松井証券

定期入金が利用できないネットバンク

は対応していません。

ポイントプログラム導入 ポイントは投資信託の積立やAmazonギフト券などに交換可能

投資信託の残高や購入時手数料等に応じて、「松井証券ポイント」が貯まります。

松井証券ポイント貯めるには

  1. 購入時手数料
  2. 投資信託の残高
  3. MATSUI SECURITIES CARD

等に応じて、「松井証券ポイント」が貯まります。

購入時手数料

11月下旬以降、購入時に手数料がかかる投資信託の取り扱いを開始します。

該当銘柄については、購入時手数料を全額「松井証券ポイント」が還元されます。

投資信託の残高

対象の投資信託の毎月の平均残高に応じて、年率0.1%の「松井証券ポイント」が貯まります。

MATSUI SECURITIES CARD

ジャックスまたはMastercard加盟店で「MATSUI SECURITIES CARD」の利用で、支払額100円(税込)ごとに1ポイント(還元率1%)の「松井証券ポイント」が貯まります。

<参考記事>還元率1.0% 松井証券 MATSUI SECURITIES CARDを発行開始

注意点

購入時手数料の「松井証券ポイント」還元は、

  • 消費税分はポイント還元の対象外となります。
  • ブルベア型投資信託は除きます。

<参考記事>松井証券 ポイントプログラム導入 ポイントは投資信託の積立やAmazonギフト券などに交換可能

投資信託の最低購入金額は100円

投資信託の最低購入金額が100円に引き下げられました。

これにより毎月の投資金額が少ない場合、最低1,000円単位だったので2~3ファンドまでが、より多くのファンドを選択できるようになります。

配当金や分配金の受取後の預り金の端数は追加入金するか、次回の受け取りまで待つなど、まとまった金額にしなければ次の投資に利用できませんでしたが、100円以上1円単位で投資信託の買い付けができます。

ポートフォリオの資産配分も100円以上1円単位で通常買付でも追加買付できるので、細かな調整ができます。

<参考記事>松井証券 投資信託が100円から購入できるように

ポートフォリオ提案サービス『投信工房』

最近話題になっているファンドラップに対抗するサービスであり、投資信託による長期的な資産運用をサポートします。

具体的には、ポートフォリオの提案から資産運用開始後のサポートまで、一連のサービスを提供します。

<投信工房について更に詳しい記事はコチラ>ポートフォリオ提案サービス『投信工房』

最後に

松井証券で「定期入金」サービスが開始されました。

投資信託の自動積立設定をしている方は、あわせて定期入金も設定しておけば「資金が無くなって、いつの間にか投資信託の積立が止まってた…」といったことが防げます。

設定をする際は、毎月27日(休業日の場合は翌営業日)に引き落としされ、ネットストック口座への反映は引落日の5営業日後です。定期入金を利用する際は、引き落とし口座の残高、投資信託の自動積立設定の日にちなどに留意しましょう。

便利な機能ですが、

など一部の金融機関には対応していません。

対応金融機関が増える・減る、などサービスに変更があればブログでお伝えします。

スポンサーリンク