<--ウェブマスターツール-->

株式に投資するファンドへの資金流入は続くのか

2011年11月14日投資

モーニングスター  アナリストの視点(ファンド)
株式に投資するファンドへの資金流入は続くのか

ジェレミー・シーゲル教授によると、米国の株式の30年間ごとの
パフォーマンスは

1861年からこれまで債券を上回っていたが、9月末までの30年間の
債券のリターンは約一半世紀ぶりに株式を上回ったとしている。
150年の中で初めてのデータです。

スポンサーリンク






債券の上昇

シーゲル教授は「こうした債券の上昇は
千年に一度の出来事だ」と指摘

債券といっても国債なのか、ハイイールド債なのかによって
違うと思いますが、

株式の期待リターン=リスクフリーレート+リスクプレミアム

なので 株式のリスクが大きい分、リターンも高くなるという
前提が崩れたのは驚きです。

世の中では今までなかった出来事が起こる

誰にも未来は予測できない

どのアセットが上昇・下落するのかわからない

分散投資が重要

ということが言えるのではないかと思います。

スポンサーリンク