<--ウェブマスターツール-->

クルマが長持ちする7つの習慣

2012年3月9日

クルマが長持ちする7つの習慣―あなたのクルマが駄目になるワケ教えます。

を読みました。

習慣1 運転の癖を直せば、クルマは長持ち
習慣2 長年の疑問を解決すれば、クルマは長持ち
習慣3 トラブルに強くなれば、クルマは長持ち
習慣4 目利きになれば、クルマは長持ち
習慣5 消耗品に気を遣えば、クルマは長持ち
習慣6 新技術を理解していれば、クルマは長持ち
習慣7 点検の習慣を身につければ、クルマは長持ち

など習慣と言っていいのかどうかわからないものがありますが、
クルマの初心者にとってできるだけ長く乗り続けるコツが書かれています。

気になったのは

・窓を1か所だけ開けるとベンチレーション効果により車内の空気が吸い出され、
よどんだ車内の空気を追い出したい時には効き目が高い

・ガソリンは満タンがベター

・エンジンブレーキはクルマを消耗させる

・短い時間の信号待ちや渋滞はDレンジ、
長い信号待ちや踏切の電車の通過待ちはNレンジ

などです。

注・クルマが長持ちする7つの習慣は2008年発売です。
技術の変化によりあまり効果がない習慣もあるかもしれないので、
詳しい事はディーラーに聞くのが一番です。

徒歩・タクシー・レンタカー・カーシェアリング・自転車(電動自転車)・バス・電車など、
移動手段はたくさんあります。
クルマは持たないのが一番経済的です。

しかし、通勤・通学や住環境によりクルマが必要不可欠な場合は
なるべくクルマが長持ちするように乗ることを心がけることが大切です。

スポンサーリンク