新生銀行 Tポイント・dポイント・nanacoポイントから好きなポイントがもらえる「新生ポイントプログラム」徹底解説2021年

銀行

新生銀行

新生銀行

「Tポイントプログラム」は、2021年4月1日から新たに「新生ポイントプログラム」としてリニューアルしました。

<これまでのTポイントプログラム2020について更に詳しい記事はコチラ>Tポイントが毎月最大984ポイント 新生銀行 Tポイントプログラム2020を徹底解説

スポンサーリンク






新生ポイントプログラムとは

毎月のエントリーとインターネットバンキングのログインや振込入金、金融商品のお取引など、いつもの銀行サービスの利用でポイントが貯まるオトクなプログラムです。

もらえるポイントは、

  • Tポイント
  • dポイント
  • nanacoポイント

のいずれかの中から毎月好きなものが選択できます。

情報ソース: 毎月使って毎月貯める! -新生銀行ポイントプログラム- |新生銀行

ポイント付与条件

ポイントが貯まるサービスは全部で16種類あります。 

  • 普段使いで貯める 6種類・・・エントリー、ログイン、特定のメール受信、キーワード入力、振込入金、口座振替
  • プリペイドカード(発行:アプラス)・・・海外ATM利用、カードショッピング利用
  • 積立 2種類・・・積立投資信託、積立外貨預金
  • 外貨預金で貯める 3種類・・・外貨預金、外貨定期預金、外貨送金
  • 資産運用で貯める 3種類・・・WEB来店予約、金銭信託、資産運用商品

エントリーで

条件 新生ポイントプログラムにエントリーでポイントプレゼント
付与ポイント 毎月1ポイント(毎月1回)

ログインで

条件 新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)へのログインでポイントプレゼント
付与ポイント 毎月3ポイント(毎月1回)

特定のメール受信で

条件 新生銀行にメールアドレスを1度登録し、毎月初に送信される特定のメールを受信するとポイントプレゼント
付与ポイント 毎月3ポイント

特定キーワード入力

条件 新生銀行のSNS公式アカウントいずれかで、各月の前月に発表された特定の「エントリー月のキーワード」を確認し、エントリーフォーム内のキャンペーンコード欄にそのキーワードを正しく入力
付与ポイント 3ポイント

振込入金で

条件 他の金融機関から1回1万円以上、新生銀行口座へ振込入金
付与ポイント 1回25ポイント
毎月最大200ポイント

他の金融機関からの振り込みは振込手数料がかかります。

住信SBIネット銀行など他行宛て振込手数料が無料となる銀行があります。

<参考記事>他行宛振込手数料が無料の19銀行 もう手数料は払わない!

口座振替登録で

条件 クレジットカードや公共料金などの引き落とし口座を新生銀行に設定
付与ポイント

1回50ポイント

月最大100ポイント

海外ATM利用で

条件 GAICA(Flex機能付き)を使用して、海外のATMで出金するとポイントプレゼント
付与ポイント 1回50ポイント
毎月最大100ポイント
注意事項 ・ATMによる最低利用可能金額は異なります。

カードショッピング利用で

条件 GAICA(Flex機能付き)を使用して、国内外のVisa加盟店でカードショッピングを利用
付与ポイント 1回の利用金額200円につき2ポイント
毎月最大100ポイント
注意事項 ・ポイントは1利用明細毎の利用金額200円ごとに2ポイントプレゼント。

積立投資信託

条件 毎月5千円からの積立でポイントプレゼント
付与ポイント 10ポイント
注意事項 ・対象となる月は、投信積立・つみたてNISAで引き落としのあった月となります。
・複数の引き落としがあった場合もポイント付与は月1回限りです。

積立外貨預金

条件 毎月1万円からの積立外貨預金(パワービルダー)
付与ポイント 10ポイント
注意事項 ・対象となる月は、積立外貨預金(パワービルダー)の引き落としのあった月となります。
・複数の引き落としがあった場合もポイント付与は月1回限りです。

外貨預金で

条件 円から外貨に交換すると、当月の外貨預金の取引に応じてポイントプレゼント
付与ポイント ・10万円以上で20ポイント
・50万円以上で100ポイント
・100万円以上で200ポイント
注意事項 ・積立外貨預金(パワービルダー)・パワーサポートプラスの通貨変更は対象外です。
・ 外貨から円への交換、外貨から外貨への交換は対象外となります。

外貨定期預金

条件 当月の外貨定期預金の取引に応じてポイントプレゼント
<対象となる取引>
■外貨定期預金(6ヵ月もの・1年もの・2年もの・3年もの・5年もの)
■パワーサポートプラス
付与ポイント ・10万円以上で20ポイント
・50万円以上で100ポイント
・100万円以上で200ポイント
注意事項 ・エントリー月の預入期間が6ヵ月以上の外貨定期預金(パワーサポートプラスを含みます)への預け入れが対象となります。
・外貨普通預金からの預け入れも対象です。外貨普通預金からの預け入れの場合は、取引時点での新生スタンダードのTTSレート(円貨から外貨への交換相場)での円換算額で取引金額が算出されます。
対象外 2週間満期外貨預金、外貨定期預金(1ヵ月もの、3ヵ月もの)、おためし外貨プラン、積立外貨預金(パワービルダー)、パワーサポートプラスの通貨変更は外貨定期預金ポイントの対象ではありません。

新生銀行への外貨送金で(外貨被仕向送金)

条件 新生銀行に最低金額以上の外貨を送金、外貨が外貨普通預金口座に着金
付与ポイント 100ポイントが貯まります(一人月1回100ポイントのみ)。
注意事項 ・1回の送金で最低送金金額を満たす必要があります。複数の通貨を合算することはできません。

WEB来店予約

条件 WEB来店予約経由の店舗における資産運用の相談でポイントプレゼント
付与ポイント
1回50ポイント

年2回まで
注意事項 ・電話、ビデオ通話での相談の場合、資産運用に関するアンケートの回答が必要です。

金銭信託で

条件 「新生パワートラスト(金銭信託)」の取引による引き落とし毎月の取引金額が50万円以上
付与ポイント 200ポイント
注意事項 ・申込日ではなく資金の引き落とし日が対象月

資産運用商品

条件

資産運用商品の合計取引金額が30万円以上

付与ポイント 200ポイント
注意事項

・月間の対象商品の合計取引金額の計算にあたっては、円と外貨が合算されます。

・投資信託は申込手数料(税込)を含めた金額で計算

・投資信託は積立(つみたてNISAを含む)およびスイッチング取引は対象外

最後に

外貨預金はコストが高いので避けた方が良いでしょう。

積立投資信託や資産運用残高でポイント付与は還元率が低いです。

SBI証券、楽天証券などを利用しましょう。

<参考記事>投資信託保有時のポイント還元 主要ネット証券を比較

現実的な利用を考えると

条件 毎月の付与ポイント
Tポイントプログラムにエントリー 1ポイント
新生パワーダイレクトにログイン 3ポイント
特定のメール受信 3ポイント
特定キーワード入力 3ポイント
クレジットカードや公共料金の
引落口座を新生銀行にする
100
他の金融機関から新生銀行へ1回1万円以上、8回振り込む 200ポイント
合計 310ポイント

他の金融機関からの振り込みは振込手数料がかかります。

ポイント付与のために手数料を払うのは本末転倒です。

住信SBIネット銀行など他行宛て振込手数料が無料となる銀行があるので利用しましょう。

<参考記事>他行宛振込手数料が無料の19銀行 もう手数料は払わない!

毎月310ポイント貯めれば、年間で3,720ポイントとなります。

Tポイント、dポイント、nanacoポイントを貯めている方は新生銀行の新生ポイントプログラムを利用してはいかがでしょうか。

<新生銀行について更に詳しい記事はコチラ>徹底解説!利便性最強 新生銀行  インターネットでの他行宛振込手数料0円、ATM引出手数料0円(セブン銀行・ゆうちょ銀行など)

スポンサーリンク