<--ウェブマスターツール-->

超低コスト SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドが2019.9.26新規設定

ファンド

US アメリカ

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドをSBIアセットマネジメントが新規に設定します。

一般に販売されているS&P500インデックスファンドの中では最も信託報酬が低いです。

スポンサーリンク






SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの概要

運用の基本方針

SBI・バンガード・S&P500インデックス・マザーファンド受益証券への投資を通じて、主として「バンガード®・S&P500 ETF」に投資し、米国の代表的な株価指数である、S&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果を目指します。

実質的な信託報酬

バンガードETFの
信託報酬(A)
ファンドの
信託報酬(B)
実質的な
信託報酬(A+B)
年0.03% 年0.058% 年0.088%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

設定日

2019年9月26日

販売手数料

ありません

信託期間

無期限

当初販売会社

SBI証券・・・2019年9月12日(木)[予定]より募集開始

情報ソース

SBIグループとバンガード初の共同ブランドファンド「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」募集開始(予定)に関するプレスリリースが株式会社SBI証券より配信されました。

S&P500低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
年0.088%
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
年0.15%
iFree S&P500インデックス
年0.225%
米国株式インデックス・ファンド
年0.45%
農林中金<パートナーズ>つみたてNISA米国株式 S&P500
年0.45%

楽天・バンガード・ファンドとの比較

ファンド 実質的な信託報酬
SBI・バンガード・ファンド バンガードETFの信託報酬率+0.058%
楽天・バンガード・ファンド バンガードETFの信託報酬率+0.12%

同じバンガードETFを投資対象とした場合、コストではSBI・バンガード・ファンドの圧勝となります。

楽天・バンガード・ファンドは何か対策を取らなければ勝ち目はありません。

最後に

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは、SBIグループとバンガードとの共同ブランドファンドです。

一般に販売されているS&P500インデックスファンドの中では最も信託報酬が低いです。

VOO(バンガード®・S&P500 ETF)をマザーファンド経由で投資することから、運用面の心配はないでしょう。

S&P500のインデックスファンドの信託報酬が0.1%未満になることは大きな意義があります。

驚愕の超低コストとなったので、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が追随するか注目しています。

SBI・バンガード・ファンドが、他のETFを投資対象とする第二弾のファンドの設定、シリーズ化を期待します。

信託報酬の引き下げやSBI・バンガード・ファンドの新規設定があればブログでお伝えします。

 

スポンサーリンク