<--ウェブマスターツール-->

SBIネオモバイル証券がTポイント投資ができる「ネオモバ」をスタート

証券会社

Tカード

SBIネオモバイル証券がサービスを開始しました。

SBIネオモバイル証券とは、 SBI証券とCCCマーケティングが、金融事業における資本業務提携契約を締結した証券会社です。

<参考記事> Tポイント投資が出来る「SBIネオモバイル証券」2019年春に営業スタート

スポンサーリンク






ネオモバとは

ネオモバとはSBI証券で培ったノウハウと、日本最大の共通ポイントサービス「Tポイント」のデータをもとにしたマーケティング事業を展開するCCC マーケティングのノウハウを活かしたサービスです。

生活に密着したTポイントを使った株式投資のほかに、親しみやすいデザインや新しい角度からの銘柄レコメンドなど、若年層・投資初心者が資産形成の第一歩を踏み出しやすい商品・サービスを提供しています。

情報ソース:株式会社SBIネオモバイル証券の開業のお知らせ(PDF)

Tポイントを使った国内株式の購入

1 ポイント=1 円相当で国内株式の購入が可能です。

1 株単位で購入できます。

さらに指定金額内で発注する注文も可能です。

月額200円(税抜)で取引放題

月間の売買代金 50 万円まで、月額 200 円(税抜)で何度でも株式取引可能です。

取引がなくてもTポイント付与さらに取引に応じてもTポイント付与

毎月の期間固定Tポイント200 ポイントの付与に加え、サービス利用料 100 円(税抜)につきTポイント 1 ポイントが付与されます。

全自動の資産運用サービス、ロボアドバイザー 「WealthNavi for ネオモバ」

ロボアドバイザー「WealthNavi」をカスタマイズした「WealthNavi for ネオモバ」が利用できます。

「WealthNavi for ネオモバ」は、客観的で透明性の高いアルゴリズムに基づき、資産運用の全プロセスを自動化した次世代の資産運用サービスです。

ロボアドバイザー「WealthNavi」として初めて最低投資金額が1 万円で設定されています。

自動積立も 5,000 円から設定可能です。

目標金額を設定し、リスク許容度を計る 6 つの質問に答えるだけで、資産の組み合わせ(ポートフォリオ)の構築が可能です。

3ステップで注文完了

“誰でも使いやすく”を徹底的に追求したユーザーインターフェース。

難しい操作は一切不要です。

  1. 銘柄選択
  2. 注文
  3. 注文完了

の3ステップで注文完了します。

入金と出金

入金

即時入金・・・住信SBIネット銀行のみ

振込手数料無料で手続きができ、即時に買付可能額に反映するため、入金後、原則すぐ取引が可能です。

銀行振込入金・・・銀行窓口、ATM、住信SBIネット銀行以外の銀行のネットバンクから利用できます。

出金

出金手続きは、1,000円以上1円単位で可能です。

出金可能金額が1,000円以下の場合、全額出金のみとなり、出金金額を指定することはできません。

出金の際の振込手数料は無料です。

毎営業日15:30までの出金手続きは、翌営業日に銀行に出金されます。

異なる金融機関に変更したい場合は、変更届出書を印刷し返送する必要があります。

注意点

月額のサービス利用料

月額のサービス利用料は取引の有無に係わらず支払が必要です。

月間の国内株式約定代金合計額 サービス利用料(月額 )
0円~50万円以下200円
50万円超~300万円以下1,000円
300万円超~500万円以下3,000円
500万円超~1,000万円以下5,000円
1,000万円超100万円ごとに1,000円が
加算されます。(上限なし)



取引金額が40万円の場合、

Tポイントの付与・・・200ポイント+2ポイント(200円×0.01)=202ポイント

月額サービス利用料・・・200円(税込み216円)

差し引き・・・202ポイント-216円=14円の負担となります。



クレジットカードが必要

月額のサービス利用料を支払いは、登録のクレジットカードより決済されます。

クレジットカードを持っていない場合利用できません。

家族名義など総合取引口座の名義と異なるクレジットカードの登録もできません。

付与するポイントは、期間固定Tポイント

毎月Tポイントが200ポイント付与されますが、期間固定Tポイントです。

SBIネオモバイル証券以外では利用できません。

月額のサービス利用料にも充当できません。

さらに有効期限があります。

S株(単元未満株)は取引市場が限られる

買付・売却共に可・・・東証(1部・2部・マザーズ・JASDAQ)上場銘柄

売却のみ可・・・名証(1部・2部・セントレックス)・福証(Q-Board含む)・札証(アンビシャス含む)上場銘柄

投資信託

取り扱いはありません。

FROGGY(フロッギー)と比較

同じようなサービスに、SMBC日興証券が提供しているFROGGY(フロッギー)があります。

項目ネオモバFROGGY(フロッギー)
手数料約定代金に応じた
月額のサービス利用料
株購入時の取引コストが100万円までの 「0円」
売却時は0.5%の手数料
売買単位1 株単位500円単位
売買可能市場東証(1部・2部・マザーズ・JASDAQ)東証(1部・2部)
単元株保有可能SMBC日興の口座に強制移管

最後に

ネオモバでは月間の売買代金に応じた手数料となる、サブスクリプションモデルを採用しています。

口座を保有していると毎月200ポイントのTポイント付与となります。

サービス利用料 100 円(税抜)につきTポイント 1 ポイントが付与されます。

  • Tポイントで国内株式に投資したい
  • 約定代金50万円まで何回も取引したい
  • 1株単位でマザーズ・JASDAQに投資したい
  • 同一証券会社で単元未満株と単元株の両方保有したい
  • WealthNavi for ネオモバを小額で利用したい

という方におススメです。

スポンサーリンク