米国株式(米国ETF含む)が追加 楽天証券と楽天銀行の連携サービス、マネーブリッジ「自動入金(スイープ)」の対象商品

証券会社

楽天

楽天証券と楽天銀行の連携サービス、マネーブリッジ「自動入金(スイープ)」に米国株式(米国ETF含む)が追加されました。

スポンサーリンク






マネーブリッジ「自動入出金(スイープ)」を設定するメリット

事前に資金を証券口座に入金をすることなく、注文時に自動的に楽天銀行口座の資金を買付代金に充当することができます。

情報ソース:米国株式が自動入金(スイープ)に対応!4月4日から| 楽天証券

自動入金(スイープ)とは

楽天証券の預り金と楽天銀行の利用可能額の合計金額を、注文時の買付可能額として利用できるサービスです。

対象商品の注文時に楽天証券の買付可能額を超えた場合に、楽天銀行口座から充当額が自動的に即時入金されます。

普通預金金利 年0.10%に

マネーブリッジの設定が完了すると、楽天銀行の普通預金に年0.10%の優遇金利が適用されます。

かなりの好金利です。

注意点

「外貨決済」で、特定口座(源泉徴収あり)を選択し、かつ譲渡益が発生している場合は、円の預かり金から、譲渡益税が源泉徴収されます。

譲渡益税の徴収による不足金が発生した場合、自動入金(スイープ)を設定していても自動振替されません。

最後に

今回のサービス開始により、米国株式(米国ETF含む)の買付注文時に楽天銀行の利用可能額を買付可能額として利用できるようになりました。

今後も健全な手数料競争により、顧客サービスの充実を期待します。

<楽天証券について更に詳しい記事はコチラ>楽天証券 インデックス投資・ETF投資でオススメの証券会社 日経テレコンは無料で読み放題!さらに各種取引で楽天スーパーポイントも付与

 

スポンサーリンク