現金最大2,000円 マネックス証券 SMTインデックスシリーズファンド 投信積立応援キャンペーン

キャンペーン

マネックス証券

「SMTインデックスシリーズ」。をより多くの方に知っていただくため、マネックス証券と三井住友トラスト・アセットマネジメントが共同で、設定金額に応じて最大2,000円がプレゼントされる期間限定の積立キャンペーンが実施中です。

スポンサーリンク






SMTインデックスシリーズファンド 投信積立応援キャンペーン 概要

キャンペーン対象期間

積立申込(設定対象期間)・・・2015年10月27日(火)5:00~2015年11月26日(木)翌3:00
積立約定(約定対象期間)・・・2015年11月27日(金)~2015年12月28日(月)(約定日ベース)

キャンペーン対象ファンド

SMT 日経225インデックス・オープン
SMT TOPIXインデックス・オープン
SMT JPX日経インデックス400・オープン
SMT グローバル株式インデックス・オープン
SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン
SMT 新興国株式インデックス・オープン
SMT アジア新興国株式インデックス・オープン
SMT 国内債券インデックス・オープン
SMT グローバル債券インデックス・オープン
SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
SMT 新興国債券インデックス・オープン
SMT 米ドル建新興国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
SMT J-REITインデックス・オープン
SMT グローバルREITインデックス・オープン
SMT 新興国REITインデックス・オープン
SMT インデックスバランス・オープン

プレゼント金額

キャンペーン条件を満たした方に、設定対象期間の積立の新規、増額設定金額に応じて以下の金額をプレゼント

月あたり金額
(新規または増額)
プレゼント金額
100,000円以上
2,000円
90,000円~99,999円
1,800円
80,000円~89,999円
1,600円
70,000円~79,999円
1,400円
60,000円~69,999円
1,200円
50,000円~59,999円
1,000円
40,000円~49,999円
800円
30,000円~39,999円
600円
20,000円~29,999円
400円
10,000円~19,999円
200円

キャンペーン条件

  1. 対象となる積立申込

設定対象期間中に、キャンペーン対象ファンド(SMTインデックスシリーズ)の積立を新規申込みまたは増額申込み

2015年11月26日(木)翌3:00時点における積立の設定金額の合計が、2015年10月27日(火)5:00時点の積立の設定金額の合計に比べて計10,000円以上増額

  1. 対象取引

約定対象期間において、1.で設定した積立申込額分の買付け(約定)

  1. キャンペーンにエントリー

キャンペーン期間中に本キャンペーンにエントリー

キャンペーンの「エントリー」ボタンよりエントリーしてください。キャンペーン期間中はいつでもエントリーが可能です。

プレゼント時期

2016年1月下旬頃に証券総合取引口座へ入金。

注意事項

  • 対象外取引

「カードde自動つみたて」および「銀行de自動つみたて」による積立

NISA口座での投信積立による申込みおよび買付

新規口座キャンペーン(投資信託積立分)の対象となった方

積立方法のみの変更

11月27日(金)翌3:00時点から積立約定までの間に、キャンペーン対象ファンドの積立設定金額を減額した

ボーナス月積増額

  • その他

エントリーが必要

SMTインデックスシリーズ 投信積立応援キャンペーンのご案内(2015年10月27日)/マネックス証券より

つまり

  1. キャンペーン期間中に本キャンペーンにエントリー
  2. 2015年10月27日(火)~2015年11月26日(木)に積立設定(10,000円以上)
  3. 2015年11月27日(金)~2015年12月28日(月)に新規積立約定or積み立て増額
  4. 2016年1月下旬頃に全員に約定額に応じ最大現金2,000円をプレゼント

積立ファンド

どのファンドを購入しようか迷っている方はボラティリティの少ない国内債券ファンドが無難でしょう。

  • SMT国内債券インデックスオープン

しかし、ボラティリティは株式に比べれば少ないですが、金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

最後に

前回は約1年前で抽選で現金がプレゼントされましたが、今回は全員に現金がプレゼントされます。

もともとSMTシリーズを積み立てる予定だった方はいかがでしょうか。

スポンサーリンク