マネックス証券 JPモルガン・アセット・マネジメントが提供する日本初の米国ETF取扱開始

取り扱い開始

ETF

マネックス証券で、JPモルガン・アセット・マネジメントが提供する日本初の米国ETFの取り扱いを開始しました。

スポンサーリンク






日本で初となる米国ETFの取扱開始

銘柄名 経費率 ティッカー
JPモルガン・ウルトラショート・インカムETF 0.18% JPST

情報ソース:JPモルガンAMが提供する日本初の米国ETF取扱開始 | 最新情報 | マネックス証券

JPモルガン・ウルトラショート・インカムETF

運用方針

  • 主として米ドル建ての投資適格債券に投資します。
  • J.P.モルガン・アセット・マネジメントにおいて、グローバルに統一され、洗練されたクレジットリサーチに基づいて、債券のセクター配分を行います。
  • あらゆる市場環境において、ポートフォリオのデュレーションを1年未満とする運用を目指します。

投資適格債の分散投資により、信用リスクの軽減

投資適格債のランキングが主に「BBB」以上の銘柄のみを取扱っているため、信用のリスクを軽減することができます。

また、トータルの保有銘柄数は696銘柄と多数扱っており、分散投資による価格下落リスクを減らせます。

元本のボラティリティを低く抑えながら、インカム収益の獲得を目指す

インデックス比105%のイールドを獲得し、インデックスとして使用しているブルームバーグ・バークレーズUSアグリゲート・ボンド・インデックスをアウトパフォームしています。

また一般的に、金利の動きにより債券価格は変動しますが、平均わずか0.52年というデュレーションの短期化により、債券価格のブレが小さくなり、変動リスクも減らしてくれます。

 

JPモルガン・アセット・マネジメントとは

JPモルガン・アセット・マネジメントは、世界最大級の金融持株会社であるJPモルガン・チェース・アンド・カンパニーの傘下にある「JPモルガン・アセット・マネジメント」グループの日本拠点です。

米国株式の最低取引手数料「無料」

マネックス証券は、米国上場海外ETF含む米国株式の最低取引手数料を「無料」に引き下げました。

主要ネット証券の中では最安となり、これまで以上に低いコストでの取引が可能となりました。

米国上場海外ETF含む米国株式の手数料

約定代金 手数料
2.22ドル以下 無料
2.22ドル超から4,444.44ドル以下 約定代金の0.45%
4,444.44ドル超 20米ドル

<詳細記事>すぐに対抗! マネックス証券 米国上場海外ETF含む米国株式の最低取引手数料を無料へ

米ドル買付時の為替手数料が無料

マネックス証券では、2020年1月7日(火)まで、米国株取引のための円から米ドルへの為替手数料(買付時)を無料化しています。

このたび、2020年1月8日(水)以降も、円から米ドルへの為替手数料(買付時)を無料化されます。

なお、この為替手数料につきましては、為替変動などを考慮し、定期的に見直されます。

次回は2020年4月を予定しています。(次回の定期的な見直しの結果、有料になることもあります)

円貨決済サービスも無料

米国株取引を円でお取引できる「円貨決済サービス」も提供しています。

円貨決済を利用になる場合は、米ドルの事前準備は不要です。

円貨決済を利用した場合の為替手数料も無料となります。

注意点

米ドルから円への為替手数料は無料ではありません。

情報ソース:1月8日以降も継続!米ドル買付時の為替手数料が無料 | 最新情報 | マネックス証券

米国ETF売買手数料実質無料プログラム「ゼロETF」は終了

USAプログラムの開始に伴い、2019年12月31日(火)の取引をもって、ゼロETFプログラムが終了となります。

2019年12月末にゼロETF対象銘柄(27銘柄のいずれか)を保有されている方を対象に、2020年1月~3月のゼロETF27銘柄の売却時の取引手数料(税抜)が全額キャッシュバックされます。

ゼロETF概要

マネックス証券は他に米国ETF売買手数料実質無料プログラム「ゼロETF」サービスも提供しています。

ゼロETFは、対象ETFの米国株取引手数料(売買ともに)を実質無料とする国内初のプログラムです。

(取引日の翌月末までに、外国株取引口座に米ドルでキャッシュバックされます)。

ウィズダムツリーETFと新規取扱いを開始した6ヶ月以内の米国ETFが対象です。

<詳細記事>マネックス証券 「ゼロETF」開始 米国ETF手数料実質無料プログラム

マネックス証券で米国株投資を開始するには

外国株口座を開設してから、米国株投資を始めるまでは下記の手順が必要です。

  1. マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設する
  2. 証券総合取引口座から外国株取引口座へ、円を資金振替する
  3. 外国株取引口座で、資金振替をした円を米ドルに為替振替する
  4. 用意した米ドルで、米国株投資を始める

最後に

マネックス証券が、JPモルガン・アセット・マネジメントが提供する日本初の米国ETFの取り扱いを開始しました

  • 主に米ドル建ての短期の投資適格債に分散投資を行い、安定的な利回りの獲得を目指すアクティブ運用の債券ETF

になります。

ただし、米国株と同じ取り扱いとなるため、マネックス証券で米国株取引を始めるには

  1. 外国株取引口座を開設
  2. 資金振替(円資金の移動)
  3. 為替振替(円を米ドルへ交換)、もしくは円貨資金の連携指示

が必要です。

初めて投資をする方にはハードルが高いです。

<マネックス証券について更に詳しい記事はコチラ>マネックス証券 海外ETF投資でオススメの証券会社 主要ネット証券の中で売買手数料は最安

スポンサーリンク