《追記あり》マネックス証券でも【米国株】フロンティア市場連動等ETF 3銘柄追加

取り扱い開始

マネックス証券でも11/28よりフロンティア・マーケットの株式に連動する銘柄の他、
エマージング市場の債券指数および小型株指数に連動する3銘柄の取り扱いを開始します。


マネックス証券 -  【米国株】フロンティア市場連動等ETF 3銘柄追加

SBI証券・楽天証券に続いてマネックス証券での取扱です。

スポンサーリンク






商品概要

ティッカー 銘柄名 信託報酬 情報
FM iシェアーズ® MSCI フロンティア 100インデックス・ファンド 年率0.79% 詳細ページ ファクトシート チャート
EEMS iシェアーズ® MSCI エマージング・マーケット小型株インデックス・ファンド 年率0.69% 詳細ページ ファクトシート チャート
LEMB iシェアーズ® 現地通貨建てエマージング・マーケット債券ファンド 年率0.60% 詳細ページ ファクトシート チャート

i シェアーズMSCIフロンティア100インデックスファンドは
2012/09/12に米国で上場したばかりです。

「iシェアーズ®」を設定・運用するブラックロック

ETF (上場投資信託) iシェアーズ
海外ETF3銘柄を日本市場に投入、新興国市場・フロンティア市場に新たなアクセスを提供
より
引用開始

世界経済のけん引役として期待される新興国は、今や投資先としても大きな存在感を
示しています。
そして、新興国だけでなく新たな市場、フロンティア市場の成長にも注目が集まっており、
フロンティア株式に対する存在感も増しています。

新興国市場でも、エネルギーや金融など社会インフラを支える比較的大きな企業の
飛躍だけでなく、足元では内需拡大や近隣諸国・地域での経済成長を背景に、
国内成長に大
きな貢献を果たしている中小企業も目覚しい発展を遂げています。

また、新興国の財政も過去と比べて健全化しており、新興国国債や通貨の信用度も
向上してい
ます。こうした中、新興国以外の新たな成長市場や新興国の新たな
発展などを投資機会として、また分散投資先として着目する投資家のニーズも
増加していま
す。

そうしたニーズにお応えするため、ブラックロックでは、フロンティア株式、ないし
エマージング市場の小型株を対象とした海外ETFとしては日本初となる
「iシェアーズ MSCI フロンティア 100 インデックス・ファンド」、
「iシェアーズ MSCI
エマージング・マーケット小型株インデックス・ファンド」の
2銘柄に加え、「iシェアーズ
現地通貨建てエマージング・マーケット債券ファンド」を
新規にご提供することといたしました。

引用終わり

注意点

フロンティア諸国及びエマージング諸国への投資は先進国市場に投資する場合と比べて、
投資先の国の政治・経済事情、通貨・資本規制等の要因により、より大幅に個別企業の
株価が変動することが考えられ、それに伴いETFの価格が大幅に変動することがあるほか、
売買等が不能となる場合がありますので、十分ご留意ください。

MSCIフロンティアマーケットインデックスとMSCI エマージング・マーケット・インデックスとの比較チャートや相関 

主要ネット証券の動向

予想通りマネックス証券でもフロンティア株式ETF、新興国小型株ETFの
取り扱いが開始されました。

マネックス証券では11/28より米国株(ETF)の取引を全面リニューアル
売買手数料が大幅に下がります。

投資家にとって選択肢が増える事は嬉しい事です。

追記

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬ケンイチさんの記事でリアルタイム
株価情報提供料が年間6,300円か214,200円を払わなければいけなくなると
マネックス証券のコールセンターで明言されたという記載がありましたが、
その後の追加記事で
有料のリアルタイム株価サービスを継続するか、今までどおり
無料の20分ディレイの株価サービスに戻すかをユーザーが選択できるように
システム対応する予定
であることがわかりました。

情報ありがとうございます。

追記2

マネックス証券より正式な発表がありました。
安心して利用が出来そうです。

* * *

ハピタス経由でマネックス証券の口座を開設すれば750ポイント=750円がもらえます。
更にマネックス証券から11/30までの口座開設・各種取引で最大39,000円
プレゼントされます。

なかなかお得なので、ご興味ある方は口座の開設されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク