<--ウェブマスターツール-->

新興国株式クラスの積み立てファンドをeMaxis新興国株式インデックスから変更

ポートフォリオ

地球 新興国

新興国株式クラスの積み立てファンドを変更しました。

これまではeMaxis新興国株式インデックスを利用していました。

スポンサーリンク






eMaxis新興国株式インデックスとは

ファンドの目的

新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。

ベンチマーク

MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)

信託報酬

0.60%

信託財産留保額

0.3%

新しい積み立てファンド

eMaxis Slim新興国株式インデックスにしました。

ファンドの目的

新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。

ベンチマーク

MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)

信託報酬

0.189%

信託財産留保額

ありません。

新旧の比較

項目eMaxis新興国株式インデックスeMaxis Slim新興国株式インデックス
目的新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。左に同じ
ベンチマークMSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)左に同じ
信託報酬0.60%0.189%
信託財産留保額0.3%ありません

最後に

eMaxis Slim新興国株式インデックスが信託報酬0.189%になってからの実質コストはまだ判明していません。

しかし、各ファンドの信託報酬の引き下げに迅速に対応し、同率にする引き下げするスピードは正直脱帽です。

今後どのような商品が出てきてもeMaxis Slimシリーズを購入していれば自動的に最低水準コストとなる。という信頼感が出てきました。

さらにeMaxis Slimシリーズは運用コスト見直しに係る『他社類似ファンド』の範囲 を、『個人型確定拠出年金(iDeCo)にて採用されているファンド』にまで拡大しました。

この結果、『他社類似ファンド』の定義は、『公募投資信託(ETF および企業型確定拠出年金のみで取扱いのファンドを除く)』となったことも決め手となりました。

スポンサーリンク