第17回アンデス開発公社円貨債券(2021) 利率0.35% 期間5年 申込2021/2/15~2/25

円建て社債

債券

アンデス開発公社(CAF)が、第17回アンデス開発公社円貨債券(2021)を発行します。

スポンサーリンク






第17回アンデス開発公社円貨債券(2021) の概要

申込期間

2021年2月15日から2021年2月25日まで

利率

年0.35%に決定

仮条件:年0.20%~年0.50%

中央値:年0.35%

発行価格

額面100円につき金100円

申込単位

100万円単位

払込期日

2021年2月26日

利払日

年2回(毎年2月26日・8月26日)
初回利払日は2021年8月26日

償還日

2026年2月26日

格付け

AA(JCR)、Aa3(Moody’s)※、A+(S&P)※
※信用格付を付与した者は、金融商品取引法第66条の27の登録を受けておりません。

発行額

166億円

情報ソース:「第17回アンデス開発公社円貨債券(2021)」 条件決定 (PDF)

販売金融機関

  • SMBC日興証券

アンデス開発公社について

1970年に発足した国際開発金融機関です。

19カ国(17の中南米およびカリブ地域諸国、スペイン、ポルトガル)と13の民間金融機関が出資。

中南米およびカリブ地域諸国の持続可能な発展と地域統合を目的に、インフラ整備等のプロジェクトへの融資や技術協力等の専門サービスを提供するなど、同地域にて重要な役割を果たしています。

特にアンデス地域の加盟国にとっては、数ある国際開発銀行の中でも、当公社が最大の資金供与者となっています。

リスク

社債の信用リスクと利回りの得失を個人投資家が判断するには格付け会社による各社の格付け、さらに日本証券業協会のホームページの格付けマトリックス表などを見て、利回りの見当をつけることは出来るかもしれません。

しかし、格付けに頼るのは危ういです。なぜなら

発行体から格付け手数料をもらう格付け会社のビジネスモデルに問題があることは、サブプライム問題で嫌というほど明らかになったが、この点は根本的に改善されていない。また、実績から見て、格付けの悪化は、発行体の状況悪化が公知のものとなって、債券の利回りが上昇した後で行われることが多い。これでは格付け会社ではなく、「後付け会社」とでも呼びたくなる。

個人向け社債ブームにあえて水を差す|山崎元のマネー経済の歩き方より

最後に

あまり魅力的な利率ではありません。

アンデス開発公社が約5年以内に倒産するかどうか、私にはわかりません。

投資判断は自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク