<--ウェブマスターツール-->

半年ぶり! バンガードETF 新たに国内証券会社で販売予定

2014年3月11日ETF

半年ぶり! バンガードETF 新たに国内証券会社で販売予定

バンガード

世界最大級の投信会社ザ・バンガード・グループ・インクの日本法人バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社は、香港証券取引所に上場するバンガード®・FTSE・アジア(除く日本)ETF (株式コード2805) について、3月7日付で金融庁への届出を完了いたしました。当ETFはバンガードの香港籍ETFとしては日本で初めて取り扱われる商品となります。

当ETFは、近日中に株式会社SBI証券、マネックス証券株式会社、楽天証券株式会社等(50音順)の各証券会社を通じてご購入いただける予定です。

これにより、個人投資家の皆さまに投資していただけるバンガードETF™は、既に販売されている米国籍ETF12本と合わせ、計13本となります。。

バンガード®・FTSE・アジア(除く日本)ETF (株式コード2805)国内届出完了のお知らせより

スポンサーリンク






バンガード®・FTSE・アジア(除く日本)ETF (株式コード2805)とは

FTSEアジアパシフィック(除く日本・オーストラリア・ニュージーランド)インデックスへの連動(手数料および経費の控除前)を目指します。

アジアの先進国市場および新興国市場 計11カ国、700以上の構成株式銘柄を含みます。

なお、日本、オーストラリア、ニュージーランドの普通株式は含まれません。

経費率 年0.38%

構成国
セクター比
トップ10企業
1 Samsung Electronics Co. Ltd.
2 Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.
3 Tencent Holdings Ltd.
4 AIA Group Ltd.
5 China Construction Bank Corp.
6 China Mobile Ltd.
7 Industrial & Commercial Bank of China Ltd.
8 Hyundai Motor Co.
9 Bank of China Ltd.
10 Hon Hai Precision Industry Co. Ltd.

Vanguard FTSE Asia ex-Japan Index ETF(pdf)より引用

まとめ

バンガードが日本で新規の海外ETFを投入するのは2013年9月以来、約半年ぶりです。
これにより、個人投資家が投資できるバンガードETF(TM)は、計13本となります。

投資家の選択肢が増える事は嬉しい事です。

SBI証券、マネックス証券、楽天証券で取扱予定なので情報が入り次第、お知らせ出来ればと思います。

スポンサーリンク