<--ウェブマスターツール-->

トレンド・アロケーション・オープンとeMAXIS バランス(8資産均等型)を比較 2015年10月末

2015年11月28日積立シミュレーション

トレンド・アロケーション・オープンとeMAXIS バランス(8資産均等型)を比較 2015年10月末

トレンド・アロケーション・オープンが気になるので
eMAXIS バランス(8資産均等型)と比較。

スポンサーリンク






商品概要

名称 トレンド・アロケーション・オープン eMAXIS バランス(8資産均等型)
運用方針 投資対象ファンドを通じて、主として先進国の国債および世界各国の上場投資信託証券等に投資することで、世界各国の株式・債券・REIT・コモディティ等へ実質的に分散投資を行なうファンド・オブ・ファンズ。

なお、世界各国の先物取引も利用する。

主要投資対象ファンドは投資にあたって、リスク調整後の良好なリターンの獲得を目指す「ダイナミック・マルチアセット・プラス戦略」を活用する。

原則、為替ヘッジあり。

マザーファンドを通じて、日本を含む世界の株式、公社債およびREITに投資し、各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果を目指す。

原則、為替ヘッジなし。

基本投資割合
トレンド・アロケーション・オープン
eMAXIS バランス(8資産均等型)

設定日
2012/3/30
2011/10/31
純資産額
857.9億円
161.9億円
申込手数料
上限2.10%
(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券ではノーロード)
ノーロード(無料)
信託報酬(税抜)
年0.60%
年0.50%
実際の経費率(税抜)
年1.12%程度
年0.57%
信託財産留保額
なし
0.15%
償還日
無期限
無期限

※2015年10月末のデータ。各商品説明サイトおよびモーニングスターより

比較チャート(1年)

青+緑:トレンド・アロケーション・オープン
赤:eMAXIS バランス(8資産均等型)

※トレンド・アロケーション・オープンは7/1よりコードが変わったため、2つに分かれています。緑は0%を始点としてチャートが描画されています。

リターン

リターン(%) トレンド・アロケーション・オープン eMAXIS バランス(8資産均等型) 
1ヶ月 +2.90 +6.05
3ヶ月 -1.96 -3.21
6ヶ月 -4.53 -4.39
1年 +1.75 +5.52
2年 +5.26 +19.93
3年 +17.42 +61.97
5年

投信まとなびより

積立シミュレーション

トレンド・アロケーション・オープンがローンチされた2012年3月末に10,000円ずつ積み立てたら、評価額がどうなっているかをシミュレーション。

積立シミュレーション

※口数=投資金額÷基準価額で計算

新規設定以来の積立投資の差

投資開始年月 投資総額
評価額
差額
トレンド・アロケーション・オープン eMAXIS バランス(8資産均等型) トレンド・アロケーション・オープン-eMAXIS バランス(8資産均等型)
2012年3月
440,000
467,899
544,737
-76,838

2012年3月から440,000円の投資で76,838円の差となりました。

最後に

トレンド・アロケーション・オープンは

  1. 外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジを行う。
  2. ダウンサイド・リスク・マネジメント・・・過去12ヵ月間の基準価額の下落率をピークから▲15%程度に抑えるよう、短期債券・キャッシュの配分比率を調整。

同じようなファンドはありますが、実質コストが年1.12%(税抜)と同カテゴリーの中でも低廉なので中々面白そうなファンドだと思います。

また、信託期間が2032/01/23までとなっていましたが、無期限に変更されました。
※「トレンド・アロケーション・オープン」 信託期間変更のお知らせ(PDF)

投資は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク