<--ウェブマスターツール-->

定期預金キャンペーン ランキング 2016年5月

2016年5月7日定期預金ランキング

バンク5月

日銀のマイナス金利導入でメガバンクを含む多くの金融機関で預金金利の引下げが実施されました。

ランキングは2016年5月28日時点の情報です。

預金金利の見直し情報が入り次第、随時更新予定です。 このキャンペーンランキングでは  

  • メガバンク
  • ネットバンク
  • 地方銀行、信用金庫、信用組合は 1.インターネットから口座開設及び定期預金申込可能 2.コンビニorゆうちょ銀行のATM入出金手数料が平日無料、又はしんきんゼロネットサービスに加入

の金融機関の中から  

  • 年金受取
  • 退職金限定
  • 新規口座開設
  • 年齢制限(50歳以上など)
  • 投資信託と抱き合わせ
  • 預金額1,000万円以上

などの条件を除いた定期預金を預入期間別にベスト3をランキングします。  

スポンサーリンク






1ヵ月以下

金融機関
期間 金利 備考

播州信用金庫

夢みらい支店

1ヶ月 0.110% 1,000円以上

静岡銀行

インターネット支店

1ヶ月 0.110% 1万円以上

SBJ銀行

なのかちゃん

1週間 0.10% 10万円以上

オリックス銀行

eダイレクト2週間定期預金

2週間 0.10% 50万円以上

岡崎信用金庫

インターネット支店

ライトワン

1ヶ月 0.10% 10万円以上

新生銀行

2週間満期預金

2週間 0.05% 50万円以上

東京スター銀行

スターワン1週間円預金

1週間 0.02% 10万円以上

(参考記事) 結局どこが一番お得なのか? 超短期の円定期預金まとめ

3ヵ月もの

 

金融機関
金利
備考
島根銀行 0.185% インターネット定期預金「ネットプラス」

播州信用金庫

夢みらい支店

0.110%

静岡銀行(しずぎん)

インターネット支店

0.110%

新規口座開設

 

金融機関
金利
備考
じぶん銀行 0.14%

新規口座開設

プレミアムバンク for auの場合:年0.24%

 

6ヵ月もの

 

金融機関 金利
備考

豊田信用金庫

インターネット支店

0.30%

オープン記念定期預金

50万円以上

平成28年9月30まで

島根銀行 0.235% インターネット定期預金「ネットプラス」

愛媛銀行四国八十八カ所支店

四国八十八カ所支店定期預金定期預金

0.22%

1万円以上1,000万円未満

ローソンATMは手数料無料

あおぞら銀行 0.15% あおぞらネット定期 50万円以上
オリックス銀行 0.15% eダイレクト預金 100万円以上

 

1年もの

金融機関 金利
備考

高知銀行

よさこいおきゃく支店

0.30%

よさこいおきゃく定期

100万円まで

豊田信用金庫

インターネット支店

0.30%

オープン記念定期預金 50万円以上

平成28年9月30まで

島根銀行 0.285% インターネット定期預金「ネットプラス」

播州信用金庫

夢みらい支店

0.25%   

第12回 特別金利定期預金

100万円以上1,000万円以内

平成28年5月31日まで

尼崎信用金庫

ウル虎支店

0.25% ウル虎支店専用定期預金

 

3年もの

 

金融機関
金利
備考
島根銀行 0.285% インターネット定期預金「ネットプラス」
SBJ銀行 0.25%

高知銀行

よさこいおきゃく支店

0.25% おきゃく定期

尼崎信用金庫

ウル虎支店

0.25% ウル虎支店専用定期預金

岡崎信用金庫

インターネット支店

0.20%

岡崎市制100周年記念定期預金

10万円以上

平成28年5月31日まで

 

5年もの

 

金融機関
金利
備考
島根銀行 0.325% 0.335%

インターネット定期預金「ネットプラス」

預入額300万円未満:0.325%

預入額300万円以上:0.335%

SBJ銀行 0.30%

尼崎信用金庫

ウル虎支店

0.25% ウル虎支店専用定期預金

 

コメント

店頭限定・地域限定・期間限定のキャンペーンでは更に高金利な商品が発売されることもあります。

生活圏の金融機関がキャンペーンを実施する場合、口座の開設・管理が手間にならなければご利用してみてはいかがでしょうか。

最後に

金融機関が実施するキャンペーンをその時、その時に探し比較する事によって高金利の定期預金を見つけることが重要です。

預金金利の低下が続いているので、普通預金に預けっぱなしでは雀の涙ほどしか金利は付きません。

低金利だからそこ、少しでも利率の良い商品に預ける事が今後の資産形成の一助になります。

スポンサーリンク