<--ウェブマスターツール-->

特徴つかみにくい たわらノーロード スマートグローバルバランス(保守型、安定型、安定成長型、成長型、積極型)が2017.11.24設定

ファンド

バランス

たわらノーロード スマートグローバルバランスをアセットマネジメントONEが新規に設定します。

  • 保守型
  • 安定型
  • 安定成長型
  • 成長型
  • 積極型

の5本です。

特徴をつかみにくいファンドです。

スポンサーリンク






たわらノーロード スマートグローバルバランス(保守型、安定型、安定成長型、成長型、積極型)の概要

主要投資対象

主要投資対象 マザーファンドが連動対象とする指数
国内株式 TOPIX(配当込み)
先進国株式 MSCI コクサイインデックス
(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)
為替ヘッジあり
先進国株式
MSCI コクサイインデックス
(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジあり)
新興国株式 MSCI エマージング・マーケット・インデックス
(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)
国内債券 NOMURA-BPI総合
先進国債券 シティ世界国債インデックス
(除く日本、円ベース、為替ヘッジなし)
為替ヘッジあり
先進国債券
シティ世界国債インデックス
(除く日本、円ベース、為替ヘッジあり)
国内REIT 東証REIT指数
(配当込み)
先進国REIT S&P先進国REITインデックス
(除く日本、円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)

基本投資割合

主要投資対象 保守型 安定型 安定成長型 成長型 積極型
国内株式 4% 5% 6% 9% 12%
先進国株式 0% 1% 6% 12% 18%
為替ヘッジあり
先進国株式
5% 19% 22% 24% 26%
新興国株式 1% 2% 3% 5% 6%
国内債券 57% 30% 21% 12% 3%
先進国債券 4% 7% 4% 0% 0%
為替ヘッジあり
先進国債券
29% 30% 23% 16% 7%
国内REIT 0% 6% 9% 11% 13%
先進国REIT 0% 0% 6% 11% 15%

信託報酬

年0.50%

※税別、以下注記ない限り税別

信託財産留保額

ありません

設定日

2017年11月24日

販売手数料

ありません

信託期間

無期限

当初販売会社

みずほ銀行

情報ソース

EDINET

基本配分の整理

アセットクラス 保守型 安定型 安定成長型 成長型 積極型
株式 10% 27% 37% 28% 62%
債券 90% 67% 48% 50% 10%
リート 0% 6% 15% 22% 28%
国別 保守型 安定型 安定成長型 成長型 積極型
日本 61% 41% 36% 32% 28%
先進国
(為替ヘッジあり含)
38% 57% 61% 63% 66%
新興国 1% 2% 3% 5% 6%

最後に

少し前に設定された、たわらノーロードバランス(堅実型、標準型、積極型)のファンドの目的は以下の通りです。

  • 堅実型・・・債券の組み入れ比率を高め、堅実な運用を行います。
  • 標準型・・・債券と株式・リートへバランスよく資産を配分します。
  • 積極型・・・株式・リートの組み入れ比率を高め、積極的な運用を行います。

今回の、たわらノーロード スマートグローバルバランス(保守型、安定型、安定成長型、成長型、積極型)は

  • 保守型・・・安定した収益の確保を図ることを目的として、運用を行います。
  • 安定型・・・安定した収益の確保と信託財産の着実な成長を図ることを目的として、運用を行います。
  • 安定成長型・・・信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を図ることを目的として、運用を行います。
  • 成長型・・・信託財産の成長を図ることを目的として、運用を行います。
  • 積極型・・・信託財産の成長を図ることを目的として、積極的な運用を行います。

どちらのバランスファンドも、どのようなコンセプトで配分を決定したのか、分かりにくいファンドです。投資家としては虎の子を預けるのに、もう少し決定打がほしいところです。

各資産の投資比率は、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー社が買う資産の期待リターン、リスク等をもとに投資助言をします。原則年2回の見直しです。

信託報酬は年0.50%と、たわらノーロードシリーズの中では高コストの部類に入ります。

販売会社はみずほ銀行ですが、たわらノーロードファンドシリーズはSBI証券、楽天証券など主要ネット証券での販売をしています。どのような販売形態になるのか詳しい情報が入り次第ブログでお伝えします。

投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク