<--ウェブマスターツール--> <--googleアナリティスク-->

ステート・ストリート 超超・低コストのインデックスファンドシリーズ8本 2016.5.9に登場 

2016年4月20日ファンド

good

SPDR® ETFでおなじみのステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが「DIAMたわらノーロードシリーズ」や「ニッセイ購入・換金手数料なしシリーズ」よりも低コストなインデックスファンドシリーズ8本を新規設定します。

信託報酬は、各インデックスファンド(公募投信)の中で最も低コスト(新興国債券を除く)となります。

スポンサーリンク




新たに設定されるステート・ストリートのインデックスファンドとベンチマーク

名称 ベンチマーク
ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン
TOPIX(東証株価指数配当込み)
ステート・ストリート日本債券インデックス・オープン
NOMURA-BPI総合指数連動
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン
MSCIコクサイ指数(円ベース)
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
MSCI コクサイ指数(円ヘッジベース)
ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン
シティ世界国債指数(除く日本、円ベース)
ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
シティ世界国債指数(除く日本、円ヘッジベース)
ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープン
MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円ベース)
ステート・ストリート新興国債券インデックス・オープン
バークレイズ・エマージング・マーケッツ・ローカル・カレンシー・リキッド・ガバメント・インデックス(円ベース)

 

 参照:EDINET
 
既に多くのブログで紹介されています。
 

信託報酬と信託財産留保額

名称 信託報酬(税抜) 信託財産留保額
ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン
年0.18%
0.05%
ステート・ストリート日本債券インデックス・オープン
年0.14%
0.05%
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン
年0.21%
0.30%
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
年0.22%
0.30%
ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン
年0.19%
0.05%
ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
年0.20%
0.05%
ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープン
年0.29%
0.25%
ステート・ストリート新興国債券インデックス・オープン
年0.62%
0.05%

 

その他の共通情報

申込手数料

ありません

設定日

2016年5月9日

信託期間

無期限

当初販売会社

三井住友信託銀行では販売されません。

国内株式(TOPIX連動) 低コストファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン
年0.18%
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
年0.29%
日本株式インデックスe
年0.37%
SMT TOPIXインデックス・オープン
年0.37%

 

国内債券 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
ステート・ストリート日本債券インデックス・オープン
年0.14%
たわらノーロード 国内債券
年0.15%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
年0.15%

 

先進国株式 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン
年0.21%
たわらノーロード 先進国株式
年0.225%
<購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド
年0.24%

 

先進国株式(為替ヘッジあり) 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン
年0.22%
Funds-i外国株式・為替ヘッジ型
年0.55%
インデックスファンド海外株式(ヘッジあり)
年0.84%

 

先進国債券 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン
年0.19%
たわらノーロード 先進国債券
年0.20%
<購入・換金手数料なし> ニッセイ外国債券インデックスファンド
年0.20%

 

先進国債券(為替ヘッジあり) 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
年0.20%
SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
年0.50%
Funds-i 外国債券・為替ヘッジ型
年0.55%

 

新興国株式 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープン
年0.29%
たわらノーロード 新興国株式
年0.495%
三井住友・DC新興国株式インデックスファンド
年0.56%

 

新興国債券 低コストインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型)
年0.52%
eMAXIS 新興国債券インデックス
年0.60%
Funds-i 新興国債券
年0.60%
SMT 新興国債券インデックス・オープン
年0.60%
ステート・ストリート新興国債券インデックス・オープン
年0.62%

 

最後に

ステート・ストリートか超超・低コストインデックスファンドが新規に設定されます。

新興国債券クラス以外は全て既存のインデックスファンドより低コストです。

新興国株式クラスは「たわらノーロード新興国株式」より約60%も下回る低コストっぷりです。 しかし、残念ながら当初販売会社は三井住友信託銀行のみとなっています。

今後は、SBI証券、楽天証券など主要ネット証券での一般販売を期待したいです。

また、信託報酬を下げたニッセイアセットマネジメントが指をくわえているのか。 各インデックスファンド(公募投信)の中で業界最低水準を標榜する「たわらノーロード」シリーズが何か動きを見せるのか。

今後、各社が既存の低コストインデックスファンドの信託報酬を下げたり、新たなファンドを新規設定した時はブログでお知らせします。

第1回運用報告書より信託報酬と実質コストの差がどれだけあるのかを確認してから動いても遅くはありません。

が、いよいよアットコスト(適正なコスト)の時代が来た!とワクワクします。

スポンサーリンク