新生銀行 もっと魅力的に!「Tポイントプログラム2017」としてリニューアル

銀行情報

新生銀行

Tポイントプログラムは2017年4月から「Tポイントプログラム2017」としてリニューアルの予定です。

<これまでのTポイントプログラム2016について更に詳しい記事はコチラ>新生銀行 Tポイントプログラムが「Tポイントプログラム2016」としてリニューアル 新規・改善・改悪・終了

スポンサーリンク

Tポイントプログラム2017の概要

いつから?

2017年4月1日から

注意事項

エントリーが必要

情報ソース

新生銀行のTポイントプログラムをもっと魅力的に!Tポイントプログラムリニューアルのお知らせ

新しく追加されるポイントサービス

WEB来店予約

付与するTポイント 条件など
50ポイント(月1回) WEB来店予約経由の店舗における資産運用の相談で月1回まで50ポイントプレゼント!

外貨定期預金の取引

付与するTポイント 条件など
外貨定期預金(預入期間6ヵ月以上)のお取引金額(円換算・合計)

  • 10万円以上:20ポイント
  • 50万円以上:100ポイント
  • 100万円以上:200ポイント
毎月の合計取引金額に応じて毎月最大200ポイントをプレゼント!

<対象となるお取引>

  • 外貨定期預金(6ヵ月もの・1年もの・2年もの・3年もの・5年もの)
  • パワーサポートプラス

(2週間満期外貨預金、外貨定期預金(1ヵ月もの、3ヵ月もの)、積立外貨預金(パワービルダー)を除く)

  • 外貨普通預金からの預け入れの場合は、取引時点での新生スタンダードの方向けTTSレート(円貨から外貨への交換相場)での円換算額を対象とします。

資産運用商品の取引

付与するTポイント 条件など

資産運用商品の合計取引金額

30万円以上:200ポイント

毎月の合計取引金額が30万円以上で200ポイントプレゼント!

<対象となる取引>

  • 投資信託(積立・スイッチングを除く)
  • 仕組預金(円からの預入)
    • パワード定期 円投資型(6ヵ月もの・1年もの)
    • パワード定期プラス
    • パワード定期スリー
    • 大口タイプの二重通貨定期預金(6ヵ月もの・1年もの・3年もの・5年もの)
  • 仕組預金(外貨からの預入)
    • パワード定期 外貨投資型-円タイプ(6ヵ月もの・1年もの)
    • パワード定期 外貨投資型-外貨タイプ(6ヵ月もの・1年もの)
    • パワーステップアップ外貨定期2
    • 大口タイプの二重通貨定期預金(6ヵ月もの・1年もの)
  • 仕組債
  • 外貨建て商品の場合は、お取引時点での新生スタンダードの方向けTTSレート(円貨から外貨への交換相場)での円換算額を対象とします。
  • 月間の対象商品のお取引金額累計の計算にあたっては、円と外貨を合算。また、投資信託は申込手数料(税込)を含めた金額で計算されます。

付与ポイント・条件が変更となるポイントサービス

ログインポイント

付与するTポイント
Tポイントプログラム 2017
2017年4月以降
付与するTポイント
現在
2017年3月まで

<既に口座開設されている方向け>

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)にログイン

  • 1回以上のログインで3ポイント(毎月1回)

<新規口座開設者向け>

口座開設を含む3ヵ月目の月末までに新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)にログイン

  • 1回以上のログインで一律10ポイント

口座振替(自動引落)の登録

付与するTポイント
Tポイントプログラム 2017
2017年4月以降
付与するTポイント
現在
2017年3月まで
  • 1件につき50ポイント/毎月最大2件100ポイント
  • 1件につき100ポイント/毎月最大2件200ポイント

終了ポイントサービス

投資信託の取引

概要  
投資信託のお取引金額(投資信託口座の開設月を含む3ヵ月後の合計)

  • 1万円以上30万円未満:100ポイント
  • 30万円以上100万円未満:5,000ポイント
  • 100万円以上:20,000ポイント
投資信託の取引ポイントは、2017年3月に投資信託口座を開設した方をもって終了。

  • 2017年2月に投信口座を開設された方は2月~4月の合計取引金額で、2017年3月に口座を開設された方は3月~5月の合計取引金額でポイントが付与されます。

最後に

2017年4月から「Tポイントプログラム2017」としてリニューアルします。

他の主な変更点としては

  • 改悪:口座振替(自動引落)の登録が100ポイント→50ポイント
  • 変更:資産運用商品が投資信託から追加
  • 改善:ログインポイントが既に口座開設されている方も対象に

といったところです。

Tポイントを利用されている方は生活に無理のない範囲でポイントを貯めて有効活用しましょう。

<新生銀行について更に詳しい記事はコチラ>徹底解説!利便性最強 新生銀行  インターネットでの他行宛振込手数料0円、ATM引出手数料0円(セブン銀行・ゆうちょ銀行など)


PAGE TOP