<--ウェブマスターツール-->

新生銀行 Tポイントプログラムが「Tポイントプログラム2016」としてリニューアル 新規・改善・改悪・終了

銀行

新生銀行

新生銀行

2016年4月からTポイントプログラムの内容が変更されるとお伝えしていた通り、Tポイントプログラムが「Tポイントプログラム2016」としてリニューアルします。

スポンサーリンク






Tポイントプログラム 2016(2016年4月以降)から新しく追加されるポイントサービス

取引・手続 付与Tポイント 条件
 Tポイントプログラムへのエントリー  1ポイント(毎月1回)  Tポイントプログラムにエントリーで毎月1ポイントをプレゼント!
 投資信託の取引  投資信託の取引金額(投資信託口座の開設月を含む3ヵ月後の合計)

・1万円以上30万円未満:100ポイント
・30万円以上100万円未満:5,000ポイント
・100万円以上:20,000ポイント

 野村Funds-iシリーズを除く国内籍投資信託
 外貨預金の取引  外貨預金お取引金額(合計)
・10万円以上:20ポイント
・50万円以上:100ポイント
・100万円以上:200ポイント
 円普通預金から外貨普通預金への振替、円普通預金から2週間満期外貨預金・外貨定期預金(おためし外貨プランを含みます)への預け入れが対象
 積立投資信託による引き落とし  投信積立の利用で
・毎月5ポイント
 -
積立外貨預金(パワービルダー)による引き落とし 外貨積立の利用で
・毎月5ポイント

 

付与ポイント・条件が変更となるポイントサービス

取引・手続 2016年3月末まで 2016年4月以降
イーネットATMの利用 入金または出金で
・1回15ポイント
・毎月最大30ポイント(月2回以上)
入金または出金で
・1回10ポイント
・毎月最大20ポイント(月2回以上)
振込入金 他の銀行等からの1回10万円以上の振込入金で
・1回25ポイント
・毎月最大50ポイント
他の銀行等からの1回1万円以上の振込入金で
<口座開設月を含む3ヵ月間>
・1回100ポイント
・毎月最大400ポイント
<通常(口座開設月から4ヵ月目以降)>
・1回25ポイント
・毎月最大100ポイント
自動引落登録 新規登録で
・1件登録につき100ポイント(毎月の上限なし)
新規登録で
・1件登録につき100ポイント
・毎月最大200ポイント

 

終了するポイントサービス

取引・手続 2016年3月末まで
抽選ポイント 新生銀行所定の預金の月末残高に応じて

毎月
・10名に10,000ポイント
・100名に1,000ポイント
・1,000名に100ポイント)

参照:新生銀行のTポイントプログラムをもっと魅力的に!Tポイントプログラムリニューアルのお知らせ | 新生銀行

変更しないサービス

 

取引・手続き 対象条件 Tポイント
海外ATM利用 出金 1回50ポイント
毎月最大100ポイント
住宅ローン 新規借り入れまたは借り換え

 契約金額
・500万円以上1,000万円未満→5,000ポイント
・1,000万円以上2,000万円未満→10,000ポイント
・2,000万円以上→20,000ポイント

 

新生銀行について

徹底解説! 新生銀行

最後に

Tポイントプログラム改定予告のときに予想したとおり、ファンドの保有残高によるサービスが追加されました。

他の主な変更点としては

  • 改悪:ATM利用が15ポイント→10ポイント
  • 改善:他行からの振込が1回10万円以上、毎月最大50ポイント→1回1万円以上、毎月最大100ポイント

といったところです。

Tポイントを利用されている方は生活に無理のない範囲でポイントを貯めて有効活用しましょう。

スポンサーリンク